CreoデータのDXチェック

CreoデータのDXチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CreoデータのDXチェック

CreoデータのDXチェックについて

3D Analyzerは、製造業界におけるCreoデータの検証と共有において不可欠なツールです。このツールは、最先端のバイナリ解析技術を使用しており、多くの国際組織から認証を受けています。3D Analyzerは、古いものから最新のCADフォーマットまで幅広く対応しており、製造業界の多様なニーズに応えながら、プロセスの効率化を促進します。

3D Analyzerは、ISO規格「10303-59」および「10303-62」に準拠しており、Creoデータの標準化と品質を確保します。この規格への準拠により、業界全体でのデータの一貫性と品質保持に大きく貢献しています。データの正確な検証、比較、解析を行うことで、製品設計と製造プロセスにおけるエラーや不一致を早期に発見し、修正を支援します。

具体的には、3D Analyzerは次のような機能を提供します。まず、複雑なCreoデータの構造を詳細に解析し、設計の正確性を確認します。また、異なるCADフォーマット間でのデータ変換をサポートし、設計者が異なるツールを使用する際の互換性の問題を解決します。さらに、設計の変更履歴を追跡し、設計の一貫性を保ちながら必要な修正を行います。

このツールは、設計から製造、保守までの全ライフサイクルにわたり、高品質なデータ管理を実現します。製品開発の初期段階でデータの不整合を検出し、修正することで、後工程でのトラブルを未然に防ぎます。また、設計データの標準化により、異なる部門や企業間でのデータ共有が円滑に行われるため、共同作業が効率化されます。

3D Analyzerの導入により、製造業界は以下のような利点を享受できます。まず、製品開発の効率化が挙げられます。設計データの検証と修正が迅速に行えるため、開発サイクルが短縮されます。次に、品質向上が期待できます。設計段階でのエラーを早期に発見し、修正することで、最終製品の品質が向上します。さらに、コスト削減も実現します。エラーの修正や再設計にかかるコストを削減し、効率的な開発プロセスを構築できます。

また、3D Analyzerは、セキュリティクリアランスを取得した環境での使用にも対応しています。セキュリティクリアランスとは、機密情報を取り扱うための権限を持つことを証明するものであり、特に航空宇宙産業や防衛産業など、高度なセキュリティが求められる分野で重要です。このツールは、データの保護と機密保持に関する厳しい基準を満たしており、クリアランスが必要な環境でも安心して利用できます。これにより、機密性の高いプロジェクトやデータに対しても、安全かつ信頼性の高いデータ検証と管理が可能となります。

このように、3D Analyzerは、製造業界におけるデータ検証と共有のプロセスで中心的な役割を果たしており、高品質な製品開発と効率的なデータ管理を支援します。企業は、このツールを活用することで、競争力を維持し、持続可能な成長を実現することができます。

2024年03月

◆ DXチェック・コマンド

CADデータの検証 検証
CADビューワ CADデータの表示・測定
CADデータの位相トレランスチェック CADデータのトレランスを確認
CADデータの比較チェック 二つのCADデータの形状比較・アセンブル比較など
CADデータの干渉チェック 接触を除外した干渉チェック
CADデータの隙間チェック 部品間の隙間を検証
CADデータの品質チェック(PDQ-S) 国際標準化機構(ISO)のCADデータ品質検査
JTデータの整合性検証 JTデータの授受検証
STEPデータ同等性検証 国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242データ変換保障
CADデータの肉厚チェック 面直距離・接球・肉厚変化率で肉厚測定・ゲート位置確認
CADデータの曲率チェック R面の曲率半径を検査、最小カッターRの計算
CADデータの生技性チェック 刃物が入らないなどパーツの加工性を検査
CADデータの抜き勾配チェック 金型条件の抜き勾配を検査
CADデータのアンダーカットチェック 唾肉加工不可能な部分の検査、3Dプリンター用駄肉取り検査
CADデータの投影チェック 型締め力計算のため投影形状の作成、PLラインの計算
CADデータの曲面上距離チェック 材料の冷却時間算出のため二点間距離を計算
CADデータの干渉距離チェック 干渉チェックで検出された部品の干渉方向・距離を計算

2023年9月