STL DXチェッカー

STL DXチェッカー

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

STL DXチェッカー

STL DXチェッカーについて

◆ STL DXチェッカーの概要

「3D Analyzer」は、先進的なバイナリ解析技術を中核として設計され、大量のSTLデータを高速かつ正確に読み取る能力を持つDXチェッカーソフトウェアです。このソフトウェアの開発には、国際標準化機構(ISO)や航空宇宙産業団体(LOTAR)などの世界的に権威ある組織や、エアバス社やボーイング社といった大手企業が関わっています。

「3D Analyzer」の中心技術であるバイナリ解析は、航空宇宙や自動車産業でのCADデータの検証に特化して提供されています。さらに、この技術はCAMやCAEソフトウェアにも適用され、高度な解析や設計支援に寄与しています。ISOのPL法に関連した長期保存の分野においても、この技術の信頼性が評価されており、データの継続的な保管とアクセスにおける安定性を保証します。

このツールを駆使することで、半世紀以上の長い時間を経ても航空宇宙産業や自動車産業で生成されたCADデータの品質や設計精度を厳密に検証することが実現します。特筆すべきは、「3D Analyzer」がISOのCADデータ品質規格である「10303-59 品質検証(PDQ-S)」や3D図面の変換保証を行う「10303-62 同等性検証(Equivalence)」を備えている点です。これにより、欧州や中国をはじめとする国々での幅広い使用が確認されています。

最後に、「3D Analyzer」は、多種多様な3Dデータに柔軟に対応することができ、わずかなクリック操作で迅速な検査を実施することができます。加えて、価格も手頃で、過去に使われていたCADDSやI-Deas、CATIA V4などの旧式のCADデータも問題なく取り扱うことができます。レガシーデータが取り扱えることは、デジタル・トランスフォーメーションのキーテクノロジーです。

2023年9月

STL DXチェッカーのコマンドについて

検証項目 内容
CADビューワ(3D Viewer) CADデータの表示・測定
公差チェック(Tolerance check) CADデータのトレランスを確認
CADデータ比較(Compare check) 二つのCADデータの形状比較・アセンブル比較など
干渉チェック(Interference check) 接触を除外した干渉チェック(Interference check)
隙間チェック(Clearance check) 部品間の隙間を検証
10303-59 品質検証(PDQ-S) 国際標準化機構(ISO)のCADデータ品質検査
JTデータ品質検証(JT Quality) JTデータの授受検証
10303-62 同等性検証(Equiv・・・) 国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242データ変換保障
肉厚チェック(Thickness check) 面直距離・接球・肉厚変化率で肉厚測定・ゲート位置確認
曲率チェック(Curvature check) R面の曲率半径を検査、最小カッターRの計算
製造性チェック(DFM) 刃物が入らないなどパーツの加工性を検査
抜き勾配チェック(Draft analysis) 金型条件の抜き勾配を検査
アンダーカットチェック(Undercut check) 加工不可能な部分の検査、3Dプリンター用駄肉取り検査
投影チェック(Projection check) 型締め力計算のため投影形状の作成、PLラインの計算
面上距離チェック(Distance surface) 材料の冷却時間算出のため二点間距離を計算
干渉距離チェック(Interference distance) 干渉チェックで検出された部品の干渉方向・距離を計算

2023年9月