IGESビューワ

IGESビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

IGESビューワ

IGESビューワ

3D Analyzerや3D EvolutionのIGESビューワは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術によりダイレクトにIGESデータ(拡張子 *.iges、*.igs)を読取り表示、測定が可能です。3Dビューワは、バイナリー解析技術によりインターフェイスが開発されているため、大容量IGESデータを高速に処理できます。読みとられた3Dデータに対しては、寸法測定、表面積、体積計算、重心測定が可能です。この3Dビューワは、3D図面と共に発達しています。この3Dビューワの開発コンセプトは、製造業に必要なマルチ3Dデータの検証作業、例えばドラフトチェック、生技性チェック、新旧データの形状比較などを高速に行い、製造工程の図面レスを実現している3Dビューワです。3Dデータを頂ければ、どこでも形状を表示し打合せ作業を行い、打合せした情報をテキストとして3Dデータと一緒にCTファイルに格納できます。世界で唯一、ISO(国際標準化機構)が開発したSTEP AP242の同一性チェックに対応しています。STEP AP242は、CADデータの長期保存用に開発されたフォーマットです。CADデータの同一性を確認するために体積値を参照する場合がありますが、体積値はCADメーカによって違いがあります。そのためISOは、体積計算を統一するためアルゴリズムを開発しています。3D Analyzerは、その開発されたアルゴリズムを搭載しSTEP AP242の同一性チェックを行っています。海外では、3D図面の運用が始まり、大幅なコストダウン、納期短縮、メンテナンス性向上および3Dデータの長期保存による設計データ保護が進んでいます。3Dデータ長期保存は、企業の財産を守る方法で3Dデータの検証作業は、信頼性の高い3D Analyzerで行っています。