RobCADビューワ

RobCADビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

RobCADビューワ

RobCADビューワについて

◆ RobCADビューワの概要

3D AnalyzerのRobCADビューワは、ダイレクトにRobCADデータ(拡張子 *.rf)を読取り表示、測定が可能です。3Dビューワは、国際的に認められた高度なバイナリー解析技術によりインターフェイスが開発されているため、大容量RobCADデータを高速に処理できます。読みとられた3Dデータは、寸法測定、表面積、体積計算、重心測定が可能です。この3Dビューワは、3D図面と共に発達しています。この3Dビューワの開発コンセプトは、製造業に必要なマルチ3Dデータの検証作業、例えばドラフトチェック、生技性チェック、新旧データの形状比較などを高速に行い、製造工程の図面レスを実現しているインダストリー4.0の最高品質、3Dビューワです。3Dデータを頂ければ、どこでも形状を表示し打合せ作業を行い、打合せした情報をテキストとして3Dデータと一緒にCTファイルに格納できます。


◆ 3D Analyzerのフォーカス

3Dデータで仕事のやり取りを行う場合は、3Dビューワが必要となります。3Dビューワが必要な部門は、営業部門、購買部門、製造部門、品質部門、設計部門の長などです。その3Dビューワのハード性能は、マシーンスペックは最低なもの、例えばグラフィックカードが無い状態で形状表示が問題なくできることが必要です。ソフト性能は、設計CADと全く同じ形状が表示できること、寸法測定ができること、マルチ3Dデータの形状比較ができること、生技要件の検証作業ができることです。その中でも重要なのは、形状比較です。何故ならば設計変更が発生した場合に、どこが変更されたのか?金型は盛り方向なのか、削り方向なのか、そしてその範囲の特定は形状比較で行います。また3Dデータ変換を行った場合に変換元データと変換先データの変位を確認する必要があります。CADは、誤差を丸めて形状表現を行っています。最大誤差は、CATIAは0.1mm、NXは0.0254mmを許容しています。このことを考慮し、1980年代からヨーロッパではCATIAのModel Dimensionを2000に設定(最大誤差が0.02mmに変更)して運用しNXとの3Dデータ互換性を保っていました。現在は、3D AnalyzerのPDQチェック機能で0.02mm以上の誤差や微小曲面を検出することができます。残念ながら修正は3Dデータ変換を行う3D Evolutionで修正変換を行います。この誤差のことを理解し3Dデータ運用を行うと大幅なコストダウンに繋がります。ヨーロッパの事例としてエアバス社とダイムラー社の発表が有名です。ダイムラー社は、2018年に3Dデータ運用を実現し、自動車の設計、製造工数は50%減を達成しています。3Dデータの保存は、JTデータや3D PDFデータに表示情報を保存し無償ソフトにより形状を共有することができます。3Dデータ運用の成功に、この3Dビューワは重要なファクターです。