Space-Eビューワ

Space-Eビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Space-Eビューワ

Space-Eビューワについて

◆ Space-Eビューワの概要

3D Analyzerや3D EvolutionのSpace-Eビューワは、ダイレクトにSpace-Eデータ(拡張子 *.sat、*.sab)を読取り表示、測定が可能です。3Dビューワは、国際的に認められた高度なバイナリー解析技術によりインターフェイスが開発されているため、大容量Space-Eデータを高速に処理できます。読みとられた3Dデータは、寸法測定、表面積、体積計算、重心測定が可能です。この3Dビューワは、3D図面と共に発達しています。この3Dビューワの開発コンセプトは、製造業に必要なマルチ3Dデータの検証作業、例えばドラフトチェック、生技性チェック、新旧データの形状比較などを高速に行い、製造工程の図面レスを実現しているインダストリー4.0の最高品質、3Dビューワです。3Dデータを頂ければ、どこでも形状を表示し打合せ作業を行い、打合せした情報をテキストとして3Dデータと一緒にCTファイルに格納できます。


◆ Space-Eのエキスポートされたカーネルフォーマット

3D Analyzerは、様々CADでエキスポートされたAcisデータを読み取れます。Space-Eは、Acisカーネルを採用していますのでAcisデータをエキスポートできます。エキスポートされたAcisデータは、当然ながらSpace-Eデータの形状表現と全く同じです。3D Analyzerは、Space-Eデータを表示するためにAcisデータの表示が可能です。Acisは、形状表現を行うプログラムの様なもののため、各CADメーカでAcisの使用方法が異なりデータ構造が違いが発生する場合があります。このことがSpace-Eデータの変換問題や表示問題となります。