アセンブル適正化

アセンブル適正化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アセンブル適正化

アセンブル適正化について

◆ 概要

「アセンブル適正化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、ダイレクトに大容量3Dデータを読取り、アセンブリ構造の最適化を行います。「アセンブル適正化」は、アセンブリファイルを1ファイルマルチボディ化、マルチボディファイルのアセンブリ化、インスタンスリンクの分離や再構成(同一形状検索))、アセンブリ階層のフラット化、空インスタンス削除等を行います。3次元CADシステムには、シングルボディ対応や1階層対応のシステムが存在し、アセンブリデータやマルチボディデータを変換する場合に注意が必要です。「3D Evolution」は、変換先システムとフォーマットを指定するだけでアセンブリデータを最適化し変換します。「アセンブル適正化」は、BOMや3D図面、長期保存フォーマットのアセンブリ構成を定義する場合に有効な方法です。適正化された3Dデータは、「3Dデータの変換」により任意のフォーマットに保存可能です。この「アセンブル適正化」は、「バッチ処理」に対応しています。 アセンブル適正化


◆ 特徴

世界標準:アセンブルの1パート化で管理効率アップ

世界標準:マルチボディのアセンブル化でBOM作成

世界標準:アセンブルのフラット化で3Dデータ活用

世界標準:同一形状のインスタンス化、インスタンスの実体化


◆ CADインターフェイスの選択、コチラをクリックしてください。


◆ 動画 ...アセンブルファイルをパートファイルに変換

下図は、「アセンブル適正化」にてアセンブリファイルをマルチボディに変更しています。アセンブリより1ファイルの方が便利なプロセスに使用することができます。3Dシステムにおいては、アセンブルの階層深さが違うためアセンブル構造の変更が必要です。「3D Evolution」は、ターゲットシステムにより大部分の3Dデータは自動指定が可能です。但し中間フォーマットは、どのようなシステムで使用されるか不明なため手動で操作する必要があります。

アセンブル適正化

◆ 動画 ...形状を検索してインスタンス化

下図は、「アセンブル適正化」にてアセンブルにある同一形状を検索してインスタンス化しています。同一形状の検索は簡単で3D Spaceと言われる変数があり、形状検索を高速に行います。またインスタンス化された形状を普通のボディにすることもできます。

アセンブル適正化