アセンブリ適正化

アセンブリ適正化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アセンブリ適正化

アセンブリ適正化について

◆ 概要

アセンブリ適正化は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を読取り、アセンブリ構造の最適化を行います。アセンブリ適正化は、アセンブリファイルを1ファイルマルチボディ化、マルチボディファイルのアセンブリ化、インスタンスリンクの分離や再構成(同一形状検索))、アセンブリ階層のフラット化、空インスタンス削除等を行います。3次元CADシステムには、シングルボディ対応や1階層対応のシステムが存在し、アセンブリデータやマルチボディデータを変換する場合に注意が必要です。3D Evolutionは、変換先システムとフォーマットを指定するだけでアセンブリデータを最適化し変換します。アセンブリ適正化は、3D BOMや3D図面、長期保存フォーマットのアセンブリ構成を定義する場合に有効な方法です。最適化された3Dデータは、「3Dデータ変換」により任意のフォーマットに保存可能です。このアセンブリ適正化は、「3Dバッチ処理」に対応しています。


◆ 「アセンブリ適正化」の特徴

✔ 3Dデータ変換先のシステムに合わせてツリー構成の最適化


◆ 「アセンブリ適正化」のイメージ動画

下図はアセンブリファイルをマルチボディに変更しています。アセンブリより1ファイルの方が便利なプロセスに使用することができます。

アセンブリ適正化

◆ 「アセンブリ適正化」のインプット情報      

アセンブリ適正化は、変換先のシステムに合わせた階層構築を行います。また同一形状を瞬時に検索しディテイル化することも可能で容量削減も実現できます。アセンブリを1パート、マルチボディをアセンブリに変換することも可能です。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ