バウンダリーシェイプ軽量化

バウンダリーシェイプ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バウンダリーシェイプ軽量化

バウンダリーシェイプ軽量化について

◆ 概要

バウンダリーシェイプは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、形状を単純な近似形状に置換することで軽量化を行います。近似形状の作成は、アウタートレランス計算で作成されます。従って梱包設計に使用することが可能です。また大規模点群データを近似的にボックス形状、円筒形状、多面体形状にすることで簡易的なソリッドとなり大幅な軽量化が可能です。バウンダリーシェイプは、バッチ処理が可能なため設計変更に追随可能です。


◆ 「バウンダリーシェイプ軽量化」の特徴

✔ 3Dデータ活用で3Dデータの梱包空間を高速・正確に計算


■ 「バウンダリーシェイプ」のイメージ動画

一般的に梱包形状を作成する場合は、実物を測定する方法が主流です。その場合はすべての部品が揃うまで待つ必要があります。バウンダリーシェイプは、3Dデータから1クリックで梱包空間を高速にアウタートレランスにより梱包空間の作成が可能です。このバウンダリーシェイプは、CADデータだけではなく、測定したSTLデータから梱包空間の計算が可能です。バウンダリーシェイプは、「3Dバッチ処理」に対応しているため設計変更に追随可能です。



◆ 「バウンダリーシェイプ軽量化」のインプット情報

バウンダリーシェイプ軽量化は、バイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み込みます。読み込まれた3Dデータを包含する簡単な形状を作成して梱包設計に使用します。処理は、非常に高速なため設計変更に追随しやすいです。インダストリー4.0では、設計から出荷までの工数を削減していますのでこのような機能が開発されています。この機能の登場ににより、全体の工数が半年ほど短縮されています。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl