梱包計算(Boundary shape)

梱包計算(Boundary shape)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

梱包計算(Boundary shape)

梱包計算(Boundary shape)について

◆ 梱包計算(Boundary shape)の概要

製造業の多様性と競争性が増している現代において、製品の効率的な設計から出荷までのプロセスがますます重要になってきています。その中心に位置するのが「梱包計算(Boundary shape)」技術です。この技術は、製品の3DAモデルを簡略化されたソリッド形状に変換することで、製品の物理的な空間を計算し、最適な梱包設計を迅速に行うことを可能にしています。

この手法の導入により、設計の初期段階から梱包の検討が可能となり、それに伴う設計変更への迅速な対応が実現できるようになりました。結果として、全体の生産プロセスにかかる時間とコストを大幅に削減することができます。

加えて、輸送スペースの最適化のための近似形状の選定、例えばボックスや円筒、多面体といった形状への変換も行われるため、輸送中の製品の保護やコスト削減に直接的に寄与します。また、この技術はCADデータに限らず、STLデータからの梱包空間の計算も可能であり、これによって複雑な形状や実際の測定データに基づいた効率的な「梱包計算(Boundary shape)」の適用が実現されます。

このような革新的な技術の進展は、インダストリー4.0の時代を迎える現代の製造業において、極めて価値あるものとして認識されています。「梱包計算(Boundary Shape)」の適用は、製造業の生産性の向上、効率化、さらには製品の品質保持や輸送の安全性の確保といった側面での大きなメリットをもたらしています。

2024年01月

◆ 梱包計算(Boundary shape)の特徴

- 高度な3DAモデル対応: 様々なCADモデルに対応し、効率的な梱包計画を実現

- 自動化された計算プロセス: 手動計算に比べて時間とコストを大幅に削減

- 精密な配置オプション: 最適な梱包配置を提案し、空間利用率を最大化

2024年01月

◆ 梱包計算(Boundary shape)のリスキリング

「梱包計算(Boundary shape)」は、3DAモデルに基づいた梱包設計の効率化を目指す先進的なツールです。このツールは、アウタートレランス計算を用いて、近似形状の作成を行います。この計算により、梱包空間に余裕が生まれ、「梱包計算(Boundary shape)」の作成がより実用的かつ効率的になります。また、大規模なポイントクラウドを簡易的なソリッド、例えばボックス形状、円筒形状、多面体形状に変換することで、データの大幅な軽量化を達成します。これにより、梱包設計のプロセスが容易になり、設計作業の効率が大幅に向上します。

従来の梱包設計アプローチでは、製品の製造が完了し、全ての部品が揃ってから梱包設計を行う必要がありました。このプロセスは、製造プロセスの完了後に梱包設計を行うことを意味し、時間のかかるプロセスでした。しかし、「梱包計算(Boundary Shape)」の導入により、製造プロセスと梱包設計プロセスを並行して進行させることが可能になります。これにより、製品の安全な輸送と工数削減の両方を実現することが可能です。

「梱包計算(Boundary shape)」を用いると、3DAモデルから瞬時に梱包空間を計算することができます。アウタートレランスに基づくこの計算は、従来の実物を測定する方法に比べ、より迅速で正確です。また、CADデータだけでなく、測定したSTLデータからも梱包空間を計算することが可能です。これにより、梱包設計プロセスがより柔軟かつ迅速になり、様々な製造環境や要件に対応することが可能になります。

このように、「梱包計算(Boundary shape)」は、製造業における梱包設計の効率化、時間とコストの削減、および設計の柔軟性の向上に大きく貢献しています。このツールにより、製品開発のスピードアップと品質向上が実現され、製造業界の競争力を高める重要な要素となっています。

2024年01月

◆ STLデータへ適用

「梱包計算(Boundary shape)」は、STLデータを基にして梱包空間の形状を作成する革新的なツールです。この技術は、多種多様な形状に対して効率的に梱包空間を計算する能力を有しています。例として、多面体計算を用いて梱包空間を計算するプロセスが挙げられます。

この方法の利点は、設計データが存在しない物体、例えば仏像のような複雑な形状であっても、測定データから梱包空間を計算することが可能である点にあります。物流においては、様々な形状の物体を扱う必要があるため、このような柔軟性は非常に重要です。また、常にアウタートレランスで計算を行うため、梱包空間が実物より小さくなるリスクを排除できます。

この技術は、ノイズや不要なデータを事前に削除する機能も持っているため、精度の高い梱包設計が可能になります。これにより、梱包設計の効率性と精度の向上が実現されます。特に、設計データが不明確な場合や、不規則な形状の物体を扱う際には、この技術が大きな効果を発揮します。

「梱包計算(Boundary shape)」の活用は、物流業界における輸送プロセスの効率化に大きく寄与します。精度の高い梱包計算により、物体の安全な輸送が保証され、物流コストの削減にもつながります。また、この技術は、製品開発のプロセスにおいても有用であり、製品の輸送と保管に関連する問題を解決する上で重要な役割を果たします。

「梱包計算(Boundary shape)」は、多様な形状の物体に対応可能な梱包設計ツールとして、物流および製造業界における効率性と精度の向上に大きく貢献しています。このような先進的な技術の導入は、インダストリー4.0時代における製造業と物流業の競争力を高める重要な要素となっています。

2024年01月

梱包計算(Boundary shape)の入力について

41 Inputs CAD-Interface.
CADインターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
COLLADAデータ *.dae
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.eds
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asm
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
Medusaデータ *.asc
MicroStationデータ *.dgn
Nastranデータ *.nas
NXデータ *.prt
OBJデータ *.obj
Optimizerデータ *.csb
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

2023年11月