トレランスチェック

トレランスチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

トレランスチェック

「トレランスチェック」について

◆ 概要

「トレランスチェック」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読込みとります。読み取られた3Dデータのフェイスエッジに対し、指定された位相を構成するトレランス以上の隙間、重複や隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。「トレランスチェック」は、3Dデータを取り扱う場合の基本的な機能となり「3D Evolution」のオペレーションでは必ず実行する機能です。3Dデータを有効に活用する場合にトレランスが指定されます。3Dデータの修正は、このトレランス内に収めます。

トレランスチェック

◆ 「トレランスチェック」の特徴

世界規準:3Dデータのトレランスをチェック


◆ 「トレランスチェック」の動画

指定されたトレランスよりフェイス間のエッジ誤差が大きいフェイスやフェイス間の接続がないフェイスを抽出して表示できます。「3Dデータの変換」のトラブルを修正するには、トレランスが重要な鍵を握ります。一般的にトレランスと言う場合に計算誤差の意味を想定しますが、ここで言うトレランスを集合体を構成するためのトレランスです。例えばフェイスは、サーフェイスとそのサーフェイス上の輪郭で構成されています。サーフェイス上とはある特定の誤差を持ってサーフェイスにあると言う意味です。その誤差がトレランスとなります。ソリッドはフェイスの集合体でフェイスのエッジ間が、ある誤差に基づいていれば結合しているとの認識です。これらの誤差が、3Dシステムによって違うため3Dデータの変換が失敗します。3Dデータの変換を成功させるためには、誤差を指定したトレランス内に収める必要があります。CATIA V5のトレランスは0.1、NXのトレランスは0.0254なのでトレランスを0.02として3Dデータの変換を行うとトレランスによるトラブルは解消されます。

トレランスチェック

◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータの検証を行います。3Dデータの検証のカテゴリーは、トレランスチェック・比較チェック・干渉チェック・同一性チェック・JTチェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット・3D PDF・HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会が取り決め、運用し成果を揚げ、更なる未来を見据えています。