干渉チェック

干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

干渉チェック

「干渉チェック」について

◆ 概要

「干渉チェック」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量マルチ3Dデータを高速かつ正確に読取り、接触部分を除外した干渉チェックを実行します。設計CADでは、接触部分を除外した干渉チェックは、設計CADのトレランス誤差計算上、不可能な処理です。3次元CADで設計する最大限のメリットは形状の干渉チェックです。干渉チェックは、2次元設計ではできません。3D図面が普及して3D正を唱えるには3D図面の条件があります。それは出力される3D図面に干渉が無いことです。この干渉チェックは、DMUインスペクターにより、自動車一台分の干渉を8時間程度で計算します。マルチCPUが可能なので4台で行えば2時間程度の時間で処理が可能です。3D図面を成功させている会社は、このDMUインスペクターを24時間稼働させ常に干渉しているパーツを弾き出しています。

干渉チェック

◆ 「干渉チェック」の 特徴

世界標準:バッチの接触を除外した車両1台の干渉チェック

世界標準:正確な干渉チェック結果は、3D図面の前提条件


◆ 「干渉チェック」の動画

下図は、CATIA V5で作成された発電機のアセンブリデータです。干渉チェックは1クリックで計算し結果を赤い干渉ラインで表示します。赤い干渉ラインを選択して2つの干渉形状を表示させることが可能です。


◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータの検証を行います。3Dデータの検証のカテゴリーは、トレランスチェック・比較チェック・干渉チェック・同一性チェック・JTチェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット・3D PDF・HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会が取り決め、運用し成果を揚げ、更なる未来を見据えています。