3Dバッチ変換

3Dバッチ変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dバッチ変換

3Dバッチ変換について

◆ 概要

3Dバッチ変換は、複数のファイルを選択して変換することが可能です。変換の指示は、バッチマネージャウィンドウで変換指示する方法やコマンドで変換指示する方法があります。3Dデータ変換には、3Dデータ品質を変換先システムに合わせる必要があります。従ってPDQ最適化、ヒーリング、ステッチングを3Dデータ変換の3Dバッチ処理の中で実行する必要があります。一般的にヒーリングやステッチングは、3回の自動実行以内に修正ができない場合は、満足いく品質でない場合えも、そのまま変換処理を行います。3Dバッチ処理の結果は、HTMLやテキストのログファイルに記録されます。3Dデータ変換に品質のエラーが発生した場合は、オペレータが手動修正により3Dデータの品質を調整します。3Dデータの品質基準をどの程度、緩くするのかが、3Dバッチ処理の有効性に影響します。弊社は、3Dデータ品質についての経験や欧州の情報がありますのでお尋ねください。


◆ 「3Dバッチ変換」の特徴

✔ 高度なバイナリー解析による3Dデータの高速・高精度変換


◆ 「3Dデータ変換」のビデオ

この動画は、CATIA V4の3DデータをJTデータに変換している動画です。ドイツ自動車工業会界は、工数削減とIT化を図るため出図はJTデータを採用しています。このことはCADのオリジナルデータより中間フォーマットの方が将来的に安全性が高いことを意味しています。またヒーリングやステッチによりCATIA V4データを補正しています。ドイツ自動車工業会界は、自動車の設計データ保存年数を25年としています。25年以上オリジナルCADデータを維持するのは難しいためJTデータを選択しています。航空宇宙産業は、3D図面としてSTEP AP242を採用していますが、STEP AP242は、長期保存フォーマットとして国際標準化機構(ISO)が定めたフォーマットでCATIA V5データをSTEP AP242に変換した場合は、オリジナルCADとの同一性検証機能も搭載され、万が一、事故が発生してもSTEP AP242データで検証を行うようにしています。現在のところ保存年間は55年といわれています。自動車の場合は、実車で様々な検証が行われるためJTフォーマットはペーパレスによるコスト削減効果を狙っています。実際、設計製造工数が半減したようです。バイナリー解析技術により、CATIA V4データを読込み変換することが可能です。



◆ 「簡易リバースエンジニアリング」の特徴

✔ ポリゴンデータの活用で工場のVR化・医療系・物流で効果


◆ 「簡易リバースエンジニアリング」のビデオ

STLなどファセットデータやCGRなど表示データの簡易リバース変換は、ファセットデータの頂点を特殊な技術で軽量化を行い三角平面として変換します。この変換方法は、数秒で変換できますので近似サーフェス変換を行うリバースエンジニアリングより効率的で正確です。この方法は、医療や玩具、設備検討など様々な業種で使用されています。例えば工場のレイアウトを検討する場合、CTスキャンされたSTLデータを間引いてCADシステムに取り込んだり、輸送したいものをスキャンして梱包設計を行ったり、金型をスキャンして設計データと比較したりします。