比較チェック

比較チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

比較チェック

「比較チェック」について

◆ 概要

「比較チェック」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読込み、形状を比較する形状比較、形状は同じでも位置が変更された場合のレイアウト比較、3D図面のPMI比較、CADフィーチャーのパラメータ情報を比較するCADフィーチャー比較を実行します。このバッチ処理による「比較チェック」は、主にバッチ処理にて3Dデータの変換を行うプロシージャ―に中で、変換元と変換先の3Dデータの形状比較やレイアウト比較を行い、3Dデータの変換が成功したか否かの判定を行います。比較チェックの計算結果は、3D PDFやHTMLに保存され共有化できます。

比較チェック

◆ 「比較チェック」の特徴

世界標準:バッチによる3Dデータ比較で確実なデータ授受

世界標準:バッチによる3Dデータの形状比較

世界標準:バッチによる3Dデータのレイアウト比較

世界標準:バッチによる3DデータのPMI比較


◆ 「比較チェック」のビデオ

下図は、比較チェックでアセンブリ情報の個々のパーツに対して形状比較を行っています。アセンブリ情報に対しての「比較チェック」は、レイアウト比較、パーツの形状比較の2種類の比較ができます。2種類の比較検証を行う理由は、後工程の部品加工者は、担当形状の差分把握が必要です。またアセンブリ作業者は、アセンブリの位置情報の差分把握が必要です。「比較チェック」は、3Dデータ流通時の工数を削減するように機能が構成されています。約30部品の形状比較を行っています。実際には4分程の時間が掛かりますが、ビデオ編集により短くしてあります。計算後に変化が無い部品は、半透明表示にしてます。この形状比較はレイアウト変更のチェックはしていません。「比較チェック」は、部品がどこに存在しようとも見つけ出し形状比較を行っています。

比較チェック

◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータの検証を行います。3Dデータの検証のカテゴリーは、トレランスチェック・比較チェック・干渉チェック・同一性チェック・JTチェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット・3D PDF・HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会が取り決め、運用し成果を揚げ、更なる未来を見据えています。