3Dバッチ・ヒーリング

3Dバッチ・ヒーリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dバッチ・ヒーリング

3Dバッチ・ヒーリングについて

◆ 概要

3Dバッチ処理によるヒーリングは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読取ります。読みとられた3Dデータに対し、再トリム計算によるエッジ誤差を補正します。シェル要素やソリッド要素は、3次元CAD固有のトレランス内のエッジ誤差に収まり、フェイスの集合体を表現しています。このトレランスは3次元CAD毎に違うため、そのまま中間フォーマットを介して変換した場合は、変換トラブル原因になります。3Dバッチ処理では、一般的にヒーリングの自動実行は3回とされています。3回の自動実行で修正しきれないエラーは、オペレータが手動修正を行い品質の最適化を完了させます。


◆ 「3Dバッチ・ヒーリング」の特徴

✔ マルチCADデータの問題を人工知能による最適解で修正


◆ 「ヒーリング」のビデオ

ヒーリングの特徴は、サーフェスは変更せずにトリムラインの修正により、フェイスの輪郭線を修正し周辺フェイスと接合させます。この方法は、CADで不正面をトリム解除して再トリム計算を行うのと同じ方法です。ヒーリングは、その再トリム計算を瞬時に行います。また下図のように穴が開いた形状は、周辺フェイスをヒーリングすることでトリム可能な範囲までフェイスを寄せてきます。ヒーリングは無理をしてフェイスを寄せませんので、寄せきれない部分は再度周辺フェイスをヒーリングします。ファイスエッジを修正してサーフェス接合を行うソフトウェアがありますが、その場合はフェイスのエッジにしわが発生し、面の属性も失われるのでアセンブル拘束などはできなくなります。ヒーリングは、社内の設計資産を未来に繋げる重要な機能ですので、どのように修正するのか十分に確認する必要があります。ロッキードマーチン社のF35開発プロジェクトは、マルチCAD環境で行われるため、プロジェクトで3D Evolutionを使用することが説明されています。今後、50年以上のメンテナンスを行うためには、バイナリー解析技術、完璧なヒーリング技術が必要です。