ハイブリット軽量化

ハイブリット軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ハイブリット軽量化

ハイブリット軽量化について

◆ 概要

3Dバッチ処理のハイブリット軽量化は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。ハイブリットは、読み取られた3Dデータを、B-RepとCGRデータの混在データにすることで軽量化を行います。設計や製造に必要な平面、円筒面のプリミティブな形状は、B-RepのCATIA V5データ、それ以外の形状は、CGRデータに保存します。ハイブリットは、協調設計やハーネス設計等、設計データが成熟し、設計データが重たくなり、設計作業がし難いCATIA V5の設計環境の軽量化を行います。ハイブリットの操作は、1クリックのため3Dバッチ処理が可能です。従って設計変更にも簡単に追随します。また設計に必要な平面や円筒面を抽出することが可能なので、CATIA V5のCGRデータに必要な平面や円筒面を張り付けることで設計作業ができます。


◆ 「ハイブリット軽量化」の特徴

✔ 世界初、重たい設計環境の改善で最低必要なB-Repを抽出


◆ 「ハイブリット軽量化」のイメージ動画

下図は、CATIA V5のドアインナーパネルのデータを読込みハイブリット軽量化を行っています。ドアインナーパネルの平面部分を抽出してそれ以外をCGRデータに変換しています。そうのような混在データにすることで大部分がCGRデータなり軽量化されます。B-Repとして残すのは、平面、円筒面、円環面などの選択が可能です。ハーネス設計などは、設計行程が後工程となり設計データが重たくなりスムーズに設計が進みません。そのような場合は、平面部分にクリップ定義が可能なハイブリット軽量化が有効です。



◆ 「ハイブリット軽量化」のインプット情報

ハイブリット軽量化で使用可能な3Dデータは、B-Rep情報、所謂ソリッド、サーフェス情報があれば最低必要なB-Repを抽出して使用することが可能です。最低必要な定義は、フェースの表面積等で決定し自動抽出を行います。抽出されたB-Repは、アセンブリ適正化の機能により1ファイル、1ボディで保存可能です。ハーネス設計やパイピングは、抽出されたデータに対して干渉チェックを含めた設計を行うことが可能となります。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ