JTチェック

JTチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

JTチェック

「JTチェック」について

◆ 概要

「JTチェック」は、3D図面として配布されたJTデータが、3D図面としての基準を満たしているどうかを検証します。JTフォーマットは、3Dデータの表示・共有に適したフォーマットとして国際標準化機構(ISO)により国際規格として承認されています。ドイツ自動車工業会(VDA)では、設計データの表示・協調設計・3Dデータ互換性の向上を目指す3D図面として積極的にJTデータを3D図面として採用しています。このように利便性の高いJTフォーマットを最大限活用するためには、JTデータに対する要求をルール化し、それをJTデータが満たしているかを検査するツールが必要不可欠です。JTデータチェックは、JTデータの抜け漏れをチェックします。

JTチェック

◆ 「JTチェック」の特徴

世界標準:JTデータの授受にはJTチェックで安全確認



「JTデータチェック」のパラメータについて


◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータの検証を行います。3Dデータの検証のカテゴリーは、トレランスチェック・比較チェック・干渉チェック・同一性チェック・JTチェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット・3D PDF・HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会が取り決め、運用し成果を揚げ、更なる未来を見据えています。