3Dバッチ・オフセットサーフェス

3Dバッチ・オフセットサーフェス

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dバッチ・オフセットサーフェス

3Dバッチ・オフセットサーフェスについて

◆ 概要

3Dバッチ・オフセットサーフェスは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに大容量3Dデータを読込みます。読み込まれた3Dデータのサーフェスを指定されたオフセット量によりオフセットします。設計CADでオフセット出来ない形状を高速にオフセット計算します。B-Repのみではなく、CGRやSTL、VRML等のファセットデータのオフセット計算も可能です。オフセット形状は、3Dデータ変換で任意のフォーマットに保存可能です。このオフセットサーフェス計算により、携わるCAD端末数やオペレータ数、計算時間の大幅な削減が可能となります。


◆ 「3Dバッチ・オフセットサーフェス」の特徴

✔ CADでオフセットできない面をバッチでオフセット


◆ 「オフセットサーフェス」のイメージ動画

3次元CADのB-Rep構造にエッジのリンク情報とトレランス情報があり、設計CAD独自のトレランス内で収まっているエッジによりフェース同士が接合しています。その状態をオフセットした場合に接合エッジの誤差が大きくなり、Bーrepが破たんしてオフセット計算が完成しません。3Dバッチ・オフセットサーフェスの場合は、リンク情報を優先にオフセット計算を行い、ヒーリングなどの修正機能で接合エッジの誤差をトレランス内に収め、4オフセット計算を完了させています。



◆ 「オフセットサーフェス」のベンチマーク例

部位 面数 トレランス オフセット量 計算時間
フロアーパネル 16,541 1/100 2mm 4.5分
リアドア 3,212 1/100 1mm 1.0分
フロントドア 5,281 1/100 1mm 2.5分

このベンチマーク結果は、CATIA V5データをノートPCで計測した結果です。