外形化(Outer shape)

外形化(Outer shape)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

外形化(Outer shape)

外形化(Outer shape)について

◆ 外形化(Outer shape)の概要

製造業におけるデジタル技術の急速な進化の中で、「外形化(Outer shape)」は革新的な手法として注目を集めています。この技術は、3DAモデルを大量にかつ効率的に処理する能力を持ち、それが設計変更の迅速な対応や、設計者と製造担当者との間のコミュニケーションの質を高めることに繋がっています。

この手法の最も注目すべき点は、3DAモデルの簡素化です。内部部品の排除を行うことで、リアルタイムシミュレーションが高速化され、その結果として製造業における多くの時間とリソースが節約されるのです。この効果は、製品の設計から製造にかけての過程全体の効率化に寄与しています。

さらに、製品ライフサイクル管理(PDM)との組み合わせにより、企業内の異なる部署が一貫した情報を元に作業を行うことが可能になります。これは製造業のプロセスを一元化し、結果的に全体の効率性と一貫性の向上、そして3DAモデルの品質維持に直接貢献します。

現在のインダストリー4.0の動向を考えると、自動化、クラウド技術、データ分析の進化は、企業が製品を迅速かつ効率的に市場に供給するための必須要件となっています。「外形化(Outer Shape)」は、これらの要件をサポートする核心的な技術となり得るのです。

「外形化(Outer shape)」は製造業にとっての不可欠なツールとなっています。この技術は、高度な3D次元設計と3DAモデル管理のニーズに対応しつつ、生産性の向上とコストの削減を実現する主要な要因として位置付けられています。これは、製造業が現代の厳しい市場競争に立ち向かうための強力な武器となるでしょう。

2024年01月

◆ 外形化(Outer shape)の特徴

- 高度な3Dモデリング技術による精密な外形化を実現

- ユーザーフレンドリーなインターフェースで操作が容易

- 多様なファイルフォーマットに対応し、幅広い互換性を提供

2024年01月

◆ 外形化(Outer shape)のリスキリング

「外形化(Outer shape)」という技術は、3DAモデルの操作や管理を効率的かつ効果的に行うための重要な手段として製造業界で注目されています。この技術の中心となる機能は、アセンブリ内に存在する不要なパーツを除去し、3DAモデルのサイズを大幅に軽減することです。このようにして、軽量化された3DAモデルは、さまざまな製造プロセスにおいて、その効率とスピードを大幅に改善することができます。

「外形化(Outer shape)」は、ユーザーフレンドリーな設計により、一つのクリックでパーツの除去が可能となっており、操作の容易さが特徴です。製造業において3DAモデルは非常に重要な役割を果たすため、この技術による効率的なデータ管理は、時間とコストの節約に直結します。

3DAモデルの軽量化は、特にロボットシミュレーションの分野で重要です。ロボットシミュレーションでは、実際のロボットの動作をコンピュータ上で再現し、さまざまな条件下での動作検証を行います。重量の大きい3DAモデルを使用すると、シミュレーションの処理時間が長くなり、効率が悪くなります。しかし、「外形化(Outer Shape)」によって軽量化された3DAモデルを使用することで、シミュレーションの処理時間を大幅に短縮し、より多くのシナリオを短時間でテストすることが可能になります。

さらに、レイアウト検討においても「外形化(Outer shape)」は有用です。製造ラインのレイアウトや工場の配置計画など、複数の部品やアセンブリの配置を検討する際には、3DAモデルの操作性と処理速度が重要になります。軽量化された3DAモデルを使用することで、レイアウトの変更や試行錯誤を迅速に行うことができ、より効率的な計画策定が可能となります。

これらの特定の用途に留まらず、「外形化(Outer shape)」は製品の設計、試作、製造、メンテナンスなど、製造業のさまざまなフェーズでその価値を発揮します。設計段階では、軽量化された3DAモデルを使用することで、より迅速に概念設計や詳細設計を行うことができます。試作段階では、実際の製造に先立って複雑な製品のテストを行う際に、シミュレーションや物理的なテストを迅速に行うことができます。

製造段階においても、「外形化(Outer shape)」は製品の品質向上とコスト削減に寄与します。軽量化された3DAモデルは、製造プロセスの計画と実行をより効率的にし、生産ラインの最適化を実現します。また、メンテナンスやアフターサービスの段階では、「外形化(Outer Shape)」により生成された3DAモデルを使用して、製品の修理や改良を迅速かつ効果的に行うことができます。

このように、「外形化(Outer shape)」は製造業の各段階で重要な役割を果たし、製品ライフサイクル全体を通じて効率と品質の向上に寄与します。製品の設計から製造、メンテナンスに至るまで、「外形化(Outer Shape)」は製造業のさまざまなプロセスを支える基盤技術としての地位を確立しています。特にデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進む現代において、このような技術の重要性はさらに高まっており、製造業界における競争力強化とイノベーションの推進に不可欠な要素となっています。「外形化(Outer Shape)」は、製品の設計から市場投入までの時間を短縮し、コスト削減と品質向上の両立を実現することで、製造業の未来を形作る重要な鍵となっています。

2024年01月

外形化(Outer shape)の入力について

26 Inputs CAD-Interface.
CADインターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
PLMXMLデータ *.xml
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ

2023年11月