PDQチェック(ISO:10303-59)

PDQチェック(ISO:10303-59)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

PDQチェック(ISO:10303-59)

「PDQチェック(ISO:10303-59)」について

◆ 概要

「PDQチェック(ISO:10303-59)」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により正確且つ高速に大容量3Dデータを読込み、国際基準による「バッチのPDQチェック(ISO 10303-59)」を実行します。「PDQチェック(ISO:10303-59)」は、変換トラブルの原因究明に役に立ちます。かつてPDQチェックツールが乱立し、アルゴリズムが違うため、PDQチェックツールが異なるとPDQチェックの結果が異なりPDQチェックに対する信頼性が揺らぎました。そこでISOが「PDQチェック(ISO 10303-59)」のアルゴリズムをドイツ自動車工業会(VDA)のVDAチェッカーを参考に機械語でPDQチェックを定義して評価基準を定めました。「3D Analyzer」と「3D Evolution」の「PDQチェック(ISO:10303-59)」は、ISOが定めたPDQチェックを採用し、ドイツ自動車工業会や航空宇宙団体(LOTAR)の3D図面やISOの「3Dデータの長期保存」に適用されています。「3D Evolution」は、インターフェイスや「3Dデータの検証」の各機能がオプションですが、「3D Analyzer」は、マルチインターフェイス、マルチ「3Dデータの検証」のため大幅なコストダウンに繋がります。3D図面は、3Dデータの流通によるコストダウンが目標です。従って変換トラブルを抑え込むためには「バッチのPDQチェック(ISO10303-59)」は必要です。

PDQ-S

◆ 「PDQチェック(ISO:10303-59)」の特徴

国際基準:バッチでの国際標準化機構(ISO)のPDQーSを適用


◆ 「PDQチェック(ISO:10303-59)」の動画

下図では、「PDQチェック(ISO:10303)」により検出された微小面を、「3D図面のPDQ適正化」により微小面を除去しています。CADシステムの形状維持方法は、2通りあります。1つは、作成履歴により形状が成り立っている場合、もう一つは、位相トレランスにより形状が成り立っている場合です。前者の場合に微小面が発生します。後者の方法は、履歴がない場合の形状成立で3D図面など、「3Dデータの変換」で用いられる方法で、位相トレランスより微小面(幅)はエラーとなります。「PDQチェック(ISO 10303)」は、指定された幅より狭い面を除去します。除去された部分は、「ヒーリング」 で穴を修正します。

PDQチェック(ISO:10303-59)

「PDQプロファイル」の確認


◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータの検証を行います。3Dデータの検証のカテゴリーは、トレランスチェック・比較チェック・干渉チェック・同一性チェック・JTチェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット・3D PDF・HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会が取り決め、運用し成果を揚げ、更なる未来を見据えています。