3Dデータ保護化

3Dデータ保護化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ保護化

3Dデータ保護化について

◆ 概要

3Dバッチ処理の3Dデータ単純化は、設計データを効率的に後工程へ繋げる形状処理機能です。この3Dデータ単純化を使用することで大幅な工数削減が実現できます。3Dデータ単純化には、3Dデータ軽量化、3Dデータ保護化、3Dデータ外形化の用途があります。3Dデータ保護化は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、3Dデータの保護化を行います。バイナリー解析技術を使用するのは、設計CADを変更してもCADメーカに依存せず製造工程に影響を与えないためです。3Dデータ保護化の処理は、機密にしておきたい部分を指定してフィーチャーを除去します。3Dデータ保護化を高速に処理することが、3D図面時代を勝ち抜く鍵となります。協調設計で3Dデータを保護化することは、避けては通れない工数削減における重要課題です。この3Dデータ保護化は、協調設計用データ、ロボットシミュレーション用データ、梱包設計用データを1クリックで作成し、設計・製造プロセス全体の工数を大幅に短縮します。インダストリー4.0では、この3Dデータ保護化が確立され3D図面化が進んでいます。3D図面を目指す場合は、ぜひ3D Evolutionの3Dバッチ処理をお試しください。


◆ 「3Dデータ保護化」の特徴

✔ 3Dデータ活用における協調設計、機密保護機能


◆ 「3Dデータ保護化」のビデオ

3Dデータ保護化の実行により内部の詳細設計部分は消され、必要な部分として穴の位置を段差表示、削除されたフィーチャーの輪郭をワイヤーフレームで表示しています。この3Dデータは、協調設計や見積依頼で使用されます。



◆ 「3Dデータ保護化」の効果

下図では、協調設計に必要な部分を抽出して共通フォーマットに出力しています。このように協調設計においては、機密保護の観点や3Dデータの軽量化の観点から不必要な情報は開示しないことが行われています。この処理に必要な時間は数分です。従って設計変更にも十分追随し、コストダウンが実現されています。

3Dデータ保護化

◆ 「3Dデータ保護化」のインプット情報

3Dデータの保護化は、設計データを効率的に後工程へ繋げる形状単純化処理で対応できます。3Dデータの保護化は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、指定した範囲のポケットや穴フィーチャーの除去または、外観形状に影響のないパーツを除去することで3Dデータの保護化を実行します。削除されたフィーチャーのエッジ情報をワイヤーフレームとして残すことで参照設計に対応しています。保護化された3Dデータは、「3Dデータ変換」により任意のフォーマットに変換可能です。3Dデータ保護化は、「3Dバッチ処理」に対応しています。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ