保護化(Protect shape)

保護化(Protect shape)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

保護化(Protect shape)

保護化(Protect shape)について

◆ 保護化(Protect shape)の概要

企業が自らの知的財産やデザインを保護することは、業界の競争力を維持し、成長を促進するための不可欠な要素です。その中でも、「保護化(Protect shape)」は、これらの価値ある3DAモデル情報を守ると同時に、製造プロセスの効率を向上させる役割を果たしています。特に、3DAモデルの詳細情報を一部削除したり、特定部分を非表示にすることで、3DAモデルの秘密性を確保しつつ、業務に必要な情報のアクセスは容易に保たれます。

現代の技術、特にバイナリ解析技術を取り入れることで、異なるCADメーカーからの3DAモデルに対しても、変更を容易に行い、かつ製造工程への影響を避けることが可能です。これは高度に信頼性のあるプロセスであり、大量の3DAモデルも短時間で読み込み、適切に保護し、長期間安全に保管することができます。

インダストリー4.0の時代が進む中、3DAモデルの活用はさらに重要となります。その中で、「保護化(Protect shape)」は、業界全体の生産性を高める一助となっています。さまざまな用途、例えば協調設計やロボットのシミュレーション、そして「梱包計算(Boundary shape)」のためのデータ生成も、この技術の助けを借りて迅速に実施することができます。

2024年01月

◆ 保護化(Protect shape)の特徴

- 高度な3Dデータ保護:データの非公開性とセキュリティを確保

- 効率的なデータ共有:パートナーとの安全な3Dデータ交換を実現

- ユーザーフレンドリーなインターフェース:直感的な操作で容易にデータ保護を実施

2024年01月

保護化(Protect shape)の入力・・・インターラクティブモードの確認

31 Inputs CAD-Interface.
CADインターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euclidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年11月