包装計算(Shirink wrap)

包装計算(Shirink wrap)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

包装計算(Shirink wrap)

包装計算(Shirink wrap)について

◆ 包装計算(Shirink wrap)の概要

製造業をはじめとした多くの産業において、「包装計算(Shirink wrap)」は極めて重要な役割を果たしています。この計算プロセスは、製品の生産から包装、そして市場への供給までの全過程における効率とコストの最適化を実現するためのものです。具体的には、一度の生産プロセスでどれだけの製品を生産するかを決定することにより、生産効率の最大化と在庫コストの最小化のバランスを取ることが求められます。また、使用される原材料、エネルギー、労働力などの資源を最も効果的に活用することで、生産コストを削減しつつ環境への影響も軽減することができます。

さらに、材料費や労働費、エネルギーコストを含むコスト分析を行うことで、最もコスト効率の良い生産方法や包装方法を決定することが可能となります。この過程では、製品が完成するまでの時間や、次の生産サイクルが開始されるまでの待機時間も考慮する必要があります。品質面においても、適切なバッチサイズを計算することで、製品の品質を均一に保ちながらコストを抑えることが実現できます。そして、製品の特性や市場の要求に応じて、最適な包装材料と方法を計算し選定することが、消費者に安全かつ魅力的な製品を提供するための鍵となります。

このような「包装計算(Shirink wrap)」の取り組みを通じて、製造業や他の産業は、無駄を削減し、効率的な生産活動を実現することができるのです。

2024年02月

◆ 包装計算(Shrink wrap)の特徴

- 革新的な3Dプリント技術を使用し、独特な立体形状を実現

- 環境に配慮したサステナブルな素材を使用、エコフレンドリー

- モジュラー設計により、カスタマイズ可能な多様なデザインオプション

2024年01月

包装計算(Shrink wrap)の入力・・・インターラクティブモードの確認

41 Inputs CAD-Interface.
CADインターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
COLLADAデータ *.dae
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.eds
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asm
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
Medusaデータ *.asc
MicroStationデータ *.dgn
Nastranデータ *.nas
NXデータ *.prt
OBJデータ *.obj
Optimizerデータ *.csb
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

2023年11月