シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化について

◆ 概要

3Dバッチ処理のシュリンクラップは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読取ります。シュリンクラップは、読み取られた3Dデータをビニール袋にいれて、エアーを抜き取った時にできるビニールの外観形状を計算します。シュリンクラップは、この作成されたビニール形状に接触するフェイスやソリッドを抽出することで3Dデータの外形化も可能です。抽出された3Dデータは、3Dデータ変換により任意のフォーマットで保存が可能です。


◆ 「シュリンクラップ軽量化」の特徴

✔ 3Dデータ活用でマルチ3Dデータをラッピング軽量化


◆ 「シュリンクラップ軽量化」のイメージ動画

下図は、シュリンクラップでCATIA V5のアセンブルデータを読込みラッピング形状を作成しています。このラッピング形状に接するフェイスやソリッドを抽出することができます。このラッピング形状を使用することでより複雑な形状のアセンブル単純化が可能となります。このラップ形状は、アウタートレランスで作成されるため、干渉チェックや梱包設計に対して対応可能となります。



◆ 「シュリンクラップ軽量化」のインプット情報

シュリンクラップ軽量化は、バイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に開くことができます。開かれた3Dデータのアウタートレランスにより包み込む形状を作成します。作成された3Dデータは、3Dデータ変換により任意のフォーマットに保存できます。このシュリンクラップ形状と元形状の接する関係を利用し、外観に必要なソリッドやフェイスをを抽出することができます。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl