3Dデータ効率化

3Dデータ効率化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ効率化

「バッチ・3Dデータ効率化」について

◆ 概要

3Dバッチ処理による3Dデータ効率化(=3Dデータ効率化)は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、3Dデータ効率化を行います。3Dデータ効率化は、3Dデータを活用することより設計の後工程を効率的に運用するために作成された機能です。この3Dデータ効率化は、クリックで処理可能なため、3Dバッチ処理で行われています。例えば、梱包設計に対するアプローチがあります。設計が完了した段階で梱包用の空間形状を簡単な形状表現で製作して製品が出来上がった段階で出荷ができるようになります。このことだけでも物流までの期間が半年ほど短縮されます。設計変更が発生した場合でも梱包空間は、1クリック、数分で計算が完了します。

3Dデータ効率化

◆ 「3Dデータ効率化」の特徴

✔ 世界標準のバッチ・3Dデータ効率化


◆ 「3Dデータ効率化」の関連機能

3Dデータ効率化では、以下の機能処理が可能です。3Dデータの軽量化を行う「3Dバッチ軽量化」、協調設計におけるセキュリティ保護として「3Dバッチ保護化」、ロボットシミュレーションや梱包設計の効率化を行う「3Dバッチ外形化」、ハーネス設計やパイピング設計の設計環境改善を行う「3Dバッチ・ハイブリット」、ロボットシミュレーションやレイアウト検討を行う「3Dバッチ・シュリンクラップ」、梱包空間を簡単な形状で計算する「3Dバッチ・バウンダリーシェイプ」を行います。これらの処理は、PDMへのチェックインなどで自動処理します。

3Dデータ効率化