3Dバッチ・ステッチング

3Dバッチ・ステッチング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dバッチ・ステッチング

3Dバッチ・ステッチングについて

◆ 概要

3Dバッチ処理によるステッチングは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込みます。読み込まれた3Dデータに対し、設定されたトレランス内で母サーフェスを最適化しエッジ誤差をトレランス内に収めます。ステッチングは、円筒面、平面などのプリミティブ情報を維持しながらサーフェスを最適化します。この3Dデータ最適化技術は、ロッキードマーチン社のF35開発における多国籍間マルチCAD運用で採用された最適化技術です。この3Dデータ最適化技術は、AdvancedRepair Technology(ART)と呼ばれ、3Dデータ最適化後も幾何的属性を失うことなくアセンブル拘束が可能方法です。3Dバッチ処理では、一般的にステッチングの自動実行は3回とされています。3回の自動実行で修正しきれないエラーは、オペレータが手動修正を行い品質の最適化を完了させます。


◆ 「3Dバッチ・ステッチング」の特徴

✔ マルチCADデータの段差を人工知能による最適解で修正


◆ 「ステッチング」のイメージ動画

ステッチングの特徴は、トリムエッジが指定されたトレランス内で構成されない場合にサーフェスを変形し合わせます。サーフェスを変形した場合に円筒面や平面等の属性情報を維持したまま変形します。従って3Dデータを修正後にアセンブル拘束が作成できないようなことは発生しません。

3Dバッチ・ステッチング