バッチ・干渉チェック

バッチ・干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バッチ・干渉チェック

バッチ・干渉チェック

3D Evolutionの3Dバッチ処理による干渉チェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量マルチ3Dデータを高速かつ正確に読取り、接触部分を除外したバッチ・干渉チェックを実行します。設計CADでは、接触部分を除外したバッチ・干渉チェックは、設計CADのトレランス誤差計算上、不可能な処理です。3D Evolutionのバッチ・干渉チェックは、高速オフセット計算により、各パーツを重心方向にトレランス分だけ形状を小さくしてバッチ・干渉チェックを行うため、接触部分を除外し致命的干渉を検出することが可能です。3次元CADで設計する最大限のメリットは形状のバッチ・干渉チェックです。バッチ・干渉チェックは、2次元設計ではできません。3D Evolutionには、さらに設計差分データのバッチ・干渉チェックを行うDMUインスペクターが開発されています。バッチ・干渉チェックの計算結果は、3D PDFに保存可能で情報は簡単に共有できます。3D Evolutionのバッチ・干渉チェックは、非常に高速です。ソフトウェアの動作スピードはコストに直結します。共有された3DPDFは、Acrobat Readerで確認できます。3D Evolutionは、インターフェイスやバッチ・干渉チェックがオプションですが、3D 例えば自動車の動力系は、Creoで設計されそれ以外をCATIA V5で設計された場合でも、両方の3Dデータを3D Evolutionに取り込みバッチ・干渉チェックが可能な唯一のソフトウェアです。


◆ バッチ・干渉チェックのイメージ

下図は、CATIA V5で作成された発電機のアセンブリデータです。バッチ・干渉チェックは1クリックで計算し結果を赤い干渉ラインで表示します。赤い干渉ラインを選択して2つの干渉形状を表示させることが可能です。

3Dデータ バッチ・干渉チェック