Inventor CATIA V6 バッチ比較

Inventor CATIA V6 バッチ比較

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Inventor CATIA V6 バッチ比較

Inventor CATIA V6 バッチ比較

◆ Inventor CATIA V6 バッチ比較について

3D Evolutionの3Dバッチ処理による比較チェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量Inventorデータ(拡張子 *.iam、*.ipt、*.sat、*.sab)とCATIA V6データ(拡張子 *.3dxml)を高速かつ正確に読取り、形状比較やレイアウト比較、フォーマットによってはPMI比較やCADフィーチャー比較を行います。この比較チェックは、3Dデータの新旧データ比較による設計変更部位の確認、3Dデータ変換の変換前後データの比較チェックにより変換誤差を確認し変換保証を得ることが可能です。この比較チェックの登場により、3D図面の運用が画期的に改善され、3Dデータの長期保存も行われ、インダストリー4.0を成功へと導いています。形状比較の計算結果は、グラデーション表示され、ピック点での誤差数値が表示されます。計算結果の表示情報は、3D PDFやHTMLに保存可能で共有化が図れます。3Dデータの形状比較が自由に実行できれば、3Dデータの信頼性向上に伴い有効活用が進み大幅な工数削減となります。日本の”モノづくり”は、設計から流通まで3Dデータの活用が出来ず、そのために3D図面運用が進む海外とのコスト競争には勝てません。自動車産業においては、日本の半分の工数で生産が実現されるとの予想です。マルチ3Dデータに対する比較チェックは、バイナリー解析技術により正確かつ高速に実現され、3D Evolutionでは比較チェックが可能です。共有された3D PDFは、Acrobat Readerで確認できます。


◆ 比較チェックの主な目的

比較チェックの目的は、2つあります。1つ目は、同一インターフェイスの比較による設計変更箇所の把握です。設計変更箇所の把握は、新旧データの比較チェックを行うことで曲面の変位部分が把握が容易です。図面の設計変更では寸法のみの変更が多く、形状の変化が把握し難いため金型等の修正が大変です。3Dデータの形状比較では、寸法変更により変更部位はもちろんのこと変更部位に接続するフィレット等のフェイス変位状態、そのフィレットに接続するフェイスの変位状態の把握が簡単です。隣接する形状の変位は、図面では読み取れません。3D Evolutionは、変位部分を抽出して任意のフォーマットに変換することができます。この抽出された面を利用して金型形状を修正することができます。2つ目は、違うインターフェイスの比較です。3Dデータを流通させる場合に3Dデータ変換が伴います。3Dデータ変換後に、変換元データと変換先データの形状比較を行い、変換保証を得ることができます。3D Analyzerや3D Evolutionのインターフェイスは高速かつ正確に3Dデータを読取ります。この技術は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術で開発されているため、古いデータから最新データまで高速に読取り、航空宇宙産業の長期保存や自動車産業の3D図面変換の変換保証を支えています。ソフトウェアの動作スピードはコストに直結します。3Dデータの確からしさを検証することは重要です。