CTデータのBOM化

CTデータのBOM化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CTデータのBOM化

CTデータのBOM化について

「CTデータのBOM化」は、3Dモデル管理において重要な要素であり、製品設計や組み立て情報を一貫して管理することで品質と安全性を保持します。国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの標準化団体が確立した基準に基づき、STEP AP242フォーマットが業界標準として広く認められています。

「3D Evolution」はこれらの基準に準拠し、3Dモデルの変換とBOM(部品表)データの生成を行います。これにより、製品のライフサイクル全体を通じて効率的な製造、保守、アップグレードが可能になります。具体的には、3Dモデルから必要な部品情報を抽出し、統一されたフォーマットでBOMを生成します。これにより、設計から製造、保守までの各段階でデータの一貫性が保たれ、品質管理が向上します。

XML技術を使ったアセンブリ情報の管理は、データの柔軟性と拡張性を高めます。例えば、異なるCADシステムからのデータを統合し、統一された形式で管理することが可能です。これにより、製造業の要件に応じたカスタマイズが容易になり、迅速なデータの更新や変更が可能です。

技術の進化により、より高度なBOMデータ変換手法が開発され、製品品質と製造プロセスの効率化に寄与することが期待されています。例えば、3Dモデルの詳細な解析を通じて、部品の関係性や依存関係を正確に把握し、BOMの精度を向上させることができます。これにより、製品設計の初期段階から製造工程に至るまで、無駄のない効率的なプロセスが実現します。

また、BOM化されたデータは、製品のライフサイクル全体でのトレーサビリティを向上させます。製品のアップグレードや修理が必要な場合、正確な部品情報に基づいて迅速に対応することが可能です。これにより、製品のダウンタイムを最小限に抑え、顧客満足度を高めることができます。

「CTデータのBOM化」は、製品設計から製造、保守に至るまでの全プロセスで重要な役割を果たします。この技術を活用することで、企業は製品の品質を向上させ、製造プロセスの効率化を実現し、競争力を強化することができます。さらに、標準化されたデータ管理により、グローバル市場での協力とコラボレーションが円滑に進み、持続可能な成長を遂げることが可能となります。

2023年10月