EuklidデータのBOM化

EuklidデータのBOM化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

EuklidデータのBOM化

EuklidデータのBOM化について

「EuklidデータのBOM化」は、国際的に認識され承認されたプロセスであり、大容量のEuklidデータをアセンブル情報としてAP242XML形式、形状情報としてSTEP AP242データ形式に変換することを目的としています。この技術は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの主要な組織が共同で開発したものであり、バイナリ解析技術を駆使して実現されています。

EuklidデータのBOM化プロセスでは、まず大容量のEuklidデータを高精度で読み込みます。その後、アセンブル情報はAP242XML形式に変換されます。AP242XML形式は、製品の部品構成や組立情報を詳細に記述する標準形式であり、製品構造を正確に表現することができます。この形式に変換することで、製品のエンジニアリングBOM(e-BOM)や製造BOM(m-BOM)として再構築することが容易になります。企業の製造プロセスや品質管理システムに適合したデータのカスタマイズが可能であり、効率的なデータ管理が実現します。

さらに、形状情報はSTEP AP242形式に変換されます。STEP AP242形式は、製品の3D形状データを高精度に表現する国際標準形式であり、異なるCADシステム間でのデータ交換をスムーズに行うために設計されています。これにより、設計データの一貫性が維持され、データの再利用性が向上します。

AP242XML形式のアセンブル情報は、企業のニーズに応じて柔軟に編集可能です。製品開発段階での設計変更や改良に対応するために、e-BOMやm-BOMとして再構築することができ、製品ライフサイクル全体を通じてデータの整合性が保たれます。これにより、設計から製造までの各プロセスの効率が向上し、製品開発のスピードと品質が向上します。

この技術の導入により、製造業界では設計データの一貫性と整合性が確保され、製品開発プロセス全体の効率化が図られます。データの長期保存と再利用が可能となることで、過去の設計データへのアクセスが容易となり、迅速な問題解決や改良が実現されます。また、製品の品質管理やトレーサビリティが向上し、製品の競争力が強化されます。

「EuklidデータのBOM化」は、製品設計データの整合性と利用可能性を確保するための重要な技術であり、企業が高品質で信頼性の高い製品開発と製造プロセスを確立し、長期的な競争力を維持するために不可欠です。この技術の活用により、企業は効率的かつ柔軟にデータを管理し、製品ライフサイクル全体を通じた持続可能な成長を実現することができます。

2023年10月