サーフェイスの補間

サーフェイスの補間

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

サーフェイスの補間

「サーフェイスの補間」について

◆ 概要

「サーフェイスの補間」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、高速かつ正確に大容量3Dデータを読み取ります。読み込まれた3Dデータを「ヒーリング」 や「ステッチング」 で最適化する上で、明らかにサーフェイスの欠落がある場合はフリーエッジを選択して「サーフェイス補完」が可能です。捩れているフリーエッジは、「ヒーリング」 によりエッジをスムージングすることが可能です。このことにより捩じれたサーフェイスの生成を抑止することができます。エッジのスムージングは、単純な機能ですが、重要な機能です。「サーフェイスの補間」の一般的な操作は、フリーエッジを3本から4本を選択し、それらのフリーエッジを補完するサーフェイスを作成します。3次元CADと同様にスイープ面、ブレンド面を作成することも可能です。作成されたフェイスを「ヒーリング」 や「ステッチング」 でエッジを整えて、「3Dデータの変換」により任意のフォーマットに変換できます。この「サーフェイスの補間」は、形状を修正する機能でモデリングをするための機能ではありません。

サーフェイス補間

◆ 「サーフェイスの補間」の特徴

世界標準:3Dデータ変換時のサーフェイスの補間


◆ 「サーフェイスの補間」の対象データを選択

インプットデータ 拡張子
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ

◆ 「サーフェイスの補間」の動画

下図は、読み込まれた3Dデータに対し「トレランスチェック」を行うことでフリーエッジの抽出ができます。更に見つかったフリーエッジを明確化するため、フィルターを掛けて表示しています。そのままフェイスを作成する場合は、フリーエッジを選択してサーフェイスを作成します。作成されたサーフェイスの形が悪い場合は、周辺のサーフェイスやエッジを「ヒーリング」 して再度サーフェイスを作成します。

サーフェイスの補間

◆ 「3Dデータの最適化」の関連機能

「3Dデータの最適化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取り「3Dデータの最適化」を行います。「3Dデータの最適化」とは、3次元CADには難しい「オフセット」、「ダイレクトモデリング」による公差調整、「サーフェイスの補間」による形状の隙間埋め、「スムージング」によるサーフェイスの平滑化を行います。特に「オフセット」は、自動車ボディ面のオフセットが重要課題であるVDAの3D図面運用に寄与している機能です。「3Dデータの最適化」は、「バッチ処理」に対応しています。