サーフェス作成

サーフェス作成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

サーフェス作成

サーフェス作成について

◆ 概要

サーフェス作成は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、高速かつ正確に大容量3Dデータを読み取ります。読み込まれた3Dデータをヒーリングやステッチングで最適化する上で、明らかにサーフェスの欠落がある場合はフリーエッジを選択してサーフェスの作成が可能です。捩れているフリーエッジは、ヒーリングによりエッジをスムージングすることが可能です。このことにより捩じれたサーフェスの生成を抑止することができます。エッジのスムージングは、単純な機能ですが、重要な機能です。一般的な操作は、フリーエッジを3本から4本を選択し、それらのフリーエッジを補完するサーフェスを作成します。3次元CADと同様にスイープ面、ブレンド面を作成することも可能です。作成されたフェイスをヒーリングやステッチングでエッジを整えて、3Dデータ変換により任意のフォーマットに変換できます。このサーフェス作成は、形状を修正する機能でモデリングをするための機能ではありません。


◆ 「サーフェス作成」の特徴

✔ 3Dデータ変換における大きな隙間をサーフェスで補間


◆ 「サーフェス作成」のイメージ動画

下図は、読み込まれた3Dデータをトレランスチェックを行うことでフリーエッジの抽出ができます。更に見つかったフリーエッジを明確化するため、フィルターを掛けて表示しています。そのままフェイスを作成する場合は、フリーエッジを選択してサーフェスを作成します。作成されたサーフェスの形が悪い場合は、周辺のサーフェスをヒーリングして再度サーフェスを作成します。

サーフェス作成

◆ 「サーフェス作成」のインプット情報

3D Evolutionによるサーフェス作成のインプット・リストです。サーフェス作成対象要素は、B-Repデータです。このサーフェス作成は、ヒーリングなどで辻褄が合わない、面が欠落した部位に面を追加します。サーフェス作成で修正されたデータは、3Dデータ変換機能で任意のフォーマットに保存が可能です。実際に使用可能な3Dデータは、ライセンス契約により異なります。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ