Creoデータのディフィーチャー

Creoデータのディフィーチャー

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Creoデータのディフィーチャー

Creoデータのディフィーチャーについて

Creoデータのディフィーチャリングにおいて、3D Evolutionソフトウェアを使用します。このソフトウェアは、CreoデータのBrepを対象要素とし、Creoデータを多用するプロジェクトに最適です。ディフィーチャリングプロセスでは、バイナリ解析を駆使してフィレット、C面、穴といった特定のフィーチャーをパラメータ指定で自動的に削除します。フィーチャー除去後には、自動ヒーリング機能が適用され、モデルの整合性を保ちます。この結果、CADデータの精度と品質が向上し、様々なフォーマットでの出力が可能となります。これにより、エンジニアは設計の複雑さを軽減し、効率的に作業を進めることができ、手動での修正が不要となるため、時間とコストの削減にもつながります。さらに、バイナリ解析を使用することで、高精度かつ迅速な処理が可能となり、設計プロセス全体の生産性を向上させます。3D Evolutionによるディフィーチャリングの実施により、Creoデータはシンプルかつ洗練され、後続の工程においてもその効果を発揮します。様々なフォーマットでの出力が可能なため、異なるCAD環境や解析ツールとの連携もスムーズに行え、エンジニアリングの幅が広がります。

2023年11月