ディフィーチャー(Defeature)

ディフィーチャー(Defeature)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ディフィーチャー(Defeature)

ディフィーチャー(Defeature)について

◆ ディフィーチャー(Defeature)の概要

「ディフィーチャー(Defeature)」は、3DAモデルの簡略化を目的とした重要な機能で、バイナリ解析技術に基づいたCADインターフェースを使用して実行されます。この技術は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙業界、自動車業界など、さまざまな分野で高く評価されており、広範囲にわたる応用が可能です。

「ディフィーチャー(Defeature)」の主な目的は、解析時間を短縮し、計算リソースを節約するために不要なフィーチャーを削除することです。例えば、フィレット、穴、C面などのフィーチャーは、特定のパラメータを指定することで自動的に除去することが可能です。この操作により、形状が簡略化され、解析がより効率的に行われます。

また、ポケットやパットなど特定のフィーチャーを除去する際には、対象となる面を指定することで、これらのフィーチャーを自動的に認識し、除去することができます。

「ディフィーチャー(Defeature)」によって簡略化された形状は、必要に応じて「Brep変換(Direct translator)」を使用し、任意のフォーマットに変換して保存することが可能です。この機能により、解析モデルの効率化や計算リソースの節約が図られます。余分なフィーチャーの削除により解析時間が短縮され、より迅速で効率的な解析結果が得られます。

2024年01月

◆ ディフィーチャー(Defeature)の特徴

- ディフィーチャー(Defeature)で簡略化されたFEMモデルを作成

- フレットRの半径値を指定して自動フィレット削除

- 簡略されたFEMモデルにより解析計算時間の短縮

2023年10月

ディフィーチャー(Defeature)の入力について

31 Inputs CAD-Interface.
CADインターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年10月