NXデータのディフィーチャー

NXデータのディフィーチャー

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

NXデータのディフィーチャー

NXデータのディフィーチャーについて

「NXデータのディフィチャー」は、NXモデルから特定のフィーチャー(設計要素)を取り除くプロセスであり、デザインの簡素化や他者に提供する際の情報保護に役立つ技術です。このプロセスは、高度なバイナリ解析技術を基にしたCADインターフェースを使用して実行され、特定のフィーチャーを効率的に削除し、必要な情報だけを残すことができます。

国際標準化機構(ISO)や航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの主要な業界団体が関与しており、エアバス、ボーイング、ダイムラー、BMWといった大企業もこの技術の開発と標準化に参加しています。このような団体と企業の協力により、ディフィチャー技術は高い信頼性と評価を得ています。

ディフィチャーの具体的なプロセスは次の通りです。まず、CADモデルから削除したいフィーチャーを特定し、その情報を抽出します。次に、指定されたフィーチャーをモデルから削除し、残りのデータの一貫性と整合性を維持します。これにより、元の設計意図を損なうことなく、情報の簡素化や保護が実現します。

例えば、ある企業が製品の一部を他社に提供する際、重要な設計情報や機密情報を含むフィーチャーを削除することができます。これにより、知的財産の保護が強化され、必要な情報だけを共有することができます。

ディフィチャー技術は、以下のような利点を提供します。まず、デザインの簡素化が挙げられます。不要なフィーチャーを削除することで、モデルが簡潔になり、後続の設計作業や解析が容易になります。次に、情報保護です。機密情報や知的財産を含むフィーチャーを取り除くことで、データのセキュリティが強化されます。さらに、データの共有が効率化されます。必要な情報だけを含む簡素化されたモデルは、他者との共有やコラボレーションがスムーズに行えます。

ディフィチャー技術は、製造業、特に航空宇宙、自動車、エレクトロニクスなどの精密な設計が求められる業界で広く利用されています。例えば、航空機の部品設計において、機密性の高い設計情報を保護しながら、他社との共同開発を行う際に役立ちます。

「NXデータのディフィチャー」は、設計情報の簡素化と保護を実現するための重要な技術です。この技術を活用することで、企業はデータのセキュリティを確保しながら、効率的に設計データを管理・共有し、競争力を維持することができます。

2023年11月