Rhinocerosデータの変換

Rhinocerosデータの変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Rhinocerosデータの変換

Rhinocerosデータの変換について

◆ 概要

「Rhinocerosデータの変換」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、ダイレクトにRhinocerosデータ(拡張子 *.3dm)を高速かつ正確に読取り目的のフォーマットへ変換します。「RhinocerosEデータの変換」は、従来のB-Rep変換トラブルを回避するため、ART(Advanced RepairTechnology)により幾何特性を維持しつつ、「PDQ適正化」、「ヒーリング」 や「ステッチング」 でRhinocerosデータを補正します。この形状補正方法は、ロッキードマーチン社が、F35の設計をマルチCADで行う時に採用された形状補正方法です。「Rhinocerosデータの変換」は、「バッチ処理」に対応しています。「3Dデータの変換」のエンジンは、VDAで「3D図面の変換」、LOTARでは国際標準化機構(ISO)の長期保存フォーマットであるSTEP AP242に変換を行っている信頼性の最も高い「3Dデータの変換」エンジンです。「3D Evolution」は、ISOの「3Dデータの長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した3Dデータ活用における世界標準のソフトウェアです。ヨーロッパでは、2018年から3D図面の運用が始まり膨大なコスト削減に成功しています。「3D Evolution」の「3Dデータの変換」は、「3D図面の変換」としてEN9300の法規に指定されていて避けて通れないソフトウエアです。

Rhinocerosデータ変換


◆ 出力先フォーマットを選択

出力先フォーマット

拡張子

3MFデータ

*.3mf

Acisデータ

*.sat
*.sab

AMFデータ

*.amf

AP242XMLデータ *.stpx

CADDSデータ

_pd
_ps

CATIA V4データ

*.model

CATIA V5データ

*.CATPart
*.CATProduct
*.cgr

Creoデータ

*.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
*.neu

DGNデータ

*.dgn

DWGデータ

*.dwg

FBXデータ

*.fbx

glTFデータ

*.gltf
*.glb

Holosデータ

*.mod

iCADデータ

*.x_t
*.x_b

IFCデータ

*.ifc

IGESデータ

*.igs
*.iges

Inventorデータ

*.sat
*.sab

JTデータ

*.jt

MicroStationデータ *.dgn
Nastranデータ *.nas

NXデータ

*.prt

OBJデータ *.obj

Parasolidデータ

*.x_t
*.x_b

PDFデータ

*.pdf
*.prc

PLMXMLデータ *.xml

Rhinocerosデータ

*.3dm

RobCADデータ

*.rf

Solid Edgeデータ

*.jt

SolidWorksデータ

*.sldprt
*.sldasm

STEPデータ

*.stp
*.step
*.stpZ

STLデータ

*.stl

VDAデータ

*.vda

VRMLデータ

*.wrl
*.vrml