CADフィーチャー変換

CADフィーチャー変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADフィーチャー変換

CADフィーチャー変換について

◆ 概要

「CADフィーチャー変換」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりCADデータからCADフィーチャー情報(インプット情報)をダイレクトに読取り、変換先の3次元CADのAPIを使用してCADフィーチャー情報を再構築します。「CADフィーチャー変換」は、CADオペレータが2つの3次元CADを見比べながらCADフィーチャーを再作成する行為をプログラム化したものです。対応可能な3次元CADフォーマットの種類に制限があります。CADフィーチャー読取り専用は、I-Deas、CATIA V4、CATIA V6、3次元CADフィーチャー読書き対応は、CATIA V5、NX、Proe、Creo、SolidWorksです。この「CADフィーチャー変換」は、一般的な変換機能ではないため別途開発費用が発生します。


◆ 「CADフィーチャー変換」の特徴

✔ CADのAPIを利用、世界初のCADフィーチャー変換


◆ 「CADフィーチャー変換」のビデオ

「CADフィーチャー変換」の特徴は、CADフィーチャーの読み込みはバイナリー解析、CADフィーチャーの書き込みは、変換先CADのAPIを使用します。CADフィーチャーは、CADシステムによって異なる場合は、エラーを発生して止まります。エラーが発生した場合は、変換先CADでエラー内容を修正してCADフィーチャー変換を継続実行させることが可能です。下図のCADフィーチャー変換例は、CATIA V5のCADフィーチャーをNXに転送しAPIで再構築を行っている様子です。



◆ 「CADフィーチャー変換」のインプット情報

「CADフィーチャー変換」は、CAD-Aデータを読取り、プラグンでCAD-BデータにCADフィーチャー情報を転送しCADフィーチャーをCAD-B上でAPIで再構築します。CADフィーチャー情報の読取りは、バイナリー解析技術により読取ります。このCADフィーチャー変換により形状のみを変換することも可能です。「3D Evolution」は、クライスラー社の3次元CADマイグレーション、CATIA V5からNXへ図面情報のリンクを保持しながらCADフィーチャー変換を行ったCADフィーチャー変換ツールです。このCADフィーチャー変換は、一般的な変換機能ではないため別途開発費用が発生します。

変換元 ↓ 変換先 →
CATIA V5 NX Creo SolidWorks
I-Deas
CATIA V4
CATIA V5
CATIA V6
NX
Creo
SolidWorks