CADフィーチャーの変換

CADフィーチャーの変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADフィーチャーの変換

「CADフィーチャーの変換」について

◆ 概要

「CADフィーチャーの変換」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりCADデータから形状情報及びCADフィーチャー情報をダイレクトに読取り、変換先3次元CADのAPIを使用してCADフィーチャー情報から形状を再構築します。「CADフィーチャーの変換」は、CADオペレータが2つの3次元CADを見比べながらCADフィーチャーを再構成する行為をプログラム化したものです。対応可能な3次元CADフォーマットの種類に制限があります。CADフィーチャー読取り専用は、I-Deas、CATIA V4、CATIA V6、3次元CADフィーチャー読書き対応は、CATIA V5、NX、Proe、Creo、SolidWorks、書き込み専用はInventorとなります。この「CADフィーチャーの変換」は、一般的な変換機能ではないため別途開発費用が発生します。「CADフィーチャーの変換」は、「バッチ処理」に対応しています。

CADフィーチャー変換

◆ 「CADフィーチャーの変換」の特徴

世界標準:CADフィーチャーの変換でCADマイグレーション


◆ 「CADフィーチャーの変換」の動画

「CADフィーチャーの変換」は、CADシステムによってフィーチャー情報が異なる場合は、エラーを発生して止まります。エラーが発生した場合は、変換先CADでエラー内容を修正してCADフィーチャーの変換を継続実行させることが可能です。下図の「CADフィーチャーの変換」は、CATIA V5のCADフィーチャーをCreoに転送しAPIで再構築を行っている様子です。

CADフィーチャー変換

◆ 「CADフィーチャーの変換」のプロセス

「ダイレクトトランスレータ」の変換方法は、3通りあります。まず最初の変換方法は、ダイレクトに変換先CADの生データに変換します。但しCADは、ある程度定期的に更新され幾何情報が変更される場合があり、更新情報を把握し幾何情報が更新されないCADに対してダイレクト保存し上位互換はCAD任せとします。その次にCADとの通信により、幾何情報をCADへ転送しCAD側で保存する方法があります。この方法は、「CADフィーチャーの変換」で使用されますが、一般のB-Rep変換に対応可能です。但しCADライセンスが必要です。最後の方法として中間フォーマット変換です。中間フォーマットは、3D図面で運用されている通り汎用性が高いフォーマットです。但し各CADメーカにより中間フォーマットの扱いに癖がありますが、癖を取り除き、どのCADメーカにも対応する中間フォーマット形式で出力します。

CADフィーチャーの変換

◆ 「CADフィーチャーの変換」のパーターンを選択

変換元 ↓ 変換先 →
CATIA V5 NX Creo SolidWorks Inventor
I-Deas
CATIA V4
CATIA V5
CATIA V6
3DEXPERIENCE
NX
Creo
SolidWorks

◆ 「ダイレクトトランスレータ」の関連機能

「ダイレクトトランスレータ」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により開発されたCADインターフェイスを実装しています。この「3D Evolution」のバイナリー解析技術は、CAMや30社以上のCAEソフトウェアに供給され、ISOの「3Dデータの長期保存」で利用されている信頼性の極めて高い技術です。開発されたCADインターフェイスは、殆どのCAEソフトメーカに供給されています。そのCADインターフェイスにより大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取り、「3Dデータの変換」(B-Rep変換)、「CADフィーチャーの変換」、「CADフィーチャーの抽出」「3Dデータの長期保存」、「リバース変換」を行います。バイナリー解析技術を使用している理由は、インダストリー4.0のように3D図面化が進んだ設計・製造プロセスをバイナリー解析技術により永続的に保証するためです。「3D Evolution」の「ダイレクトトランスレータ」の実績は、LOTARの設計CADデータの「3D図面の変換」と「3Dデータの長期保存」、VDAの「3D図面の変換」があります。どちらの実績とも変換母数が多く、バイナリー解析により、CADデータのリードスピードを早める必要があります。この「ダイレクトトランスレータ」は、インダストリー4.0の基礎技術として欧州に製造業では、使用していない企業はないと言われています。「ダイレクトトランスレータ」は、「バッチ処理」に対応しています。


◆ 資料:「3D変換ツール」をダウンロード(PDF)


◆ 資料:「エアバスの設計情報長期保管」をダウンロード(PDF)


◆ 資料:「ダイムラー社の3Dデータ変換」をダウンロード(PDF)