CADフィーチャー認識

CADフィーチャー認識

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADフィーチャー認識

CADフィーチャー認識について

「CADフィーチャー認識」技術は、製造業界における設計および再設計プロセスを効率化する重要なツールです。この技術により、CADデータから特定のフィーチャーを自動的に抽出することができ、国際的な機関からの評価を受けています。「3D Evolution」では、自動および手動の認識機能を提供し、抽出されたフィーチャーを特定の3D CADソフトウェアへ転送し再構築することができます。

このプロセスにより、設計データの再利用と変更が容易になり、製品開発の時間短縮と品質向上に貢献します。例えば、以前のプロジェクトで使用された設計フィーチャーを新しいプロジェクトに転用する際、フィーチャー認識技術を使用することで、手動で再設計する手間を省き、迅速に正確なデータを取得できます。これにより、設計者は過去の設計データを効果的に再利用し、プロジェクトの初期段階での設計作業を大幅に削減することができます。

さらに、この技術は異なるCADシステム間のデータ移動を容易にし、設計者が複数のソフトウェアを使用する際の互換性の問題を解決します。例えば、あるCADシステムで作成されたフィーチャーを他のCADシステムで再利用する際、フィーチャー認識技術を利用することで、データの変換や調整がスムーズに行われます。これにより、異なるCAD環境間でのシームレスなデータ共有が可能となり、設計プロセス全体の効率が向上します。

この技術は、設計プロセスの効率化だけでなく、コスト削減にも貢献します。設計データの再利用が促進されることで、新たに設計を起こす時間と労力が削減され、プロジェクト全体のコストが抑えられます。加えて、設計の自動化により、ヒューマンエラーのリスクが減少し、製品の品質が向上します。

全体として、CADフィーチャー認識技術は、設計プロセスの効率化、コスト削減、製品の品質向上に寄与し、製造業界における重要なツールとなっています。この技術を導入することで、企業はより迅速に市場の要求に応じ、高品質な製品を提供することが可能になります。これにより、製造業界における競争力が向上し、企業の成長と成功が促進されます。

2024年04月

◆ 目的

- デザインプロセスの効率化と自動化

- 製造プロセスの最適化と品質向上

- 3Dモデルの検査と解析の支援

2024年04月

◆ 効果

- 自動部品検出と寸法測定による高効率設計

- CADモデルからの素早いフィーチャー抽出

- 複雑な形状の迅速な識別と解析

2024年04月

◆ 特徴

- 3Dモデル内の幾何学的特徴の自動検出

- 対象の形状から特定の機能を抽出

- デザインプロセスを迅速化し、精度向上

2024年04月

◆ 入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年11月