CADフィーチャー抽出

CADフィーチャー抽出

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADフィーチャー抽出

CADフィーチャー抽出について

◆ 概要

「3D Evolution」による「CADフィーチャー抽出」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータ(インプット情報)を読込み、B-RepからCADフィーチャーを認識し抽出します。CADフィーチャーを認識する方法は、自動認識と手動認識があります。手動認識では、サーフェスを選択し意図に沿ったスケッチベースのCADフィーチャーを認識させることができます。認識されたCADフィーチャーを抽出し「CADフィーチャー変換」で特定の3次元CADへCADフィーチャーを転送し「CADフィーチャー変換」を実施することが可能です。「CADフィーチャー抽出」は、「3Dバッチ処理」に対応しています。


◆ 「CADフィーチャー抽出」の特徴

✔ 世界標準のCADフィーチャー抽出機能


◆ 「CADフィーチャー抽出」のビデオ

ビデオは、B-Repから「CADフィーチャー抽出」を実行しています。抽出されたCADフィーチャーは左のウィンドウに表示されれています。CADフィーチャーとして認識された形状は消えていきます。残った形状から更にフィーチャーを抽出していきます。最後に元の形状を表示させCADフィーチャーとの一致性を確認しています。抽出されたCADフィーチャーは、「CADフィーチャー変換」によりCADデータとして修正が可能です。



◆ 「CADフィーチャ抽出」のインプット情報

「CADフィーチャー抽出」は、下記フォーマットのB-Rep情報からポケット、パッド、ドラフト、フィレット等のCADフィーチャーを抽出します。抽出されたCADフィーチャーは、「CADフィーチャー変換」でCADへ転送可能です。治具等の3DデータをCADフィーチャーを操作して変更することが可能となります。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
DGNデータ *.dgn
DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asm
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
VDAデータ *.vda

◆ 「CADフィーチャー抽出」のアウトプット情報

「CADフィーチャー抽出」でフィーチャーを作成後、「CADフィーチャー変換」で特定のCADにフィーチャーを転送してAPIでフィーチャーを再構築します。フィーチャーを再構築されたCADでは、フィーチャーを修正して形状を更新することが可能です。以下にCADフィーチャーを受領できるCADリストを掲載します。

アウトプットデータ 拡張子
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
NXデータ *.prt
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt