フェイス結合

フェイス結合

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

フェイス結合

「フェイス結合」について

◆ 概要

「フェイス結合」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、フェイス間のエッジを接合し位相(B-Rep)を構築します。この「3D Evolution」のバイナリー解析技術は、CAMや30社以上のCAEソフトウェアに供給され、ISOの「3Dデータの長期保存」で利用されている信頼性の極めて高い技術です。「フェイス結合」を行う時に、微小要素や重複要素を「PDQ適正化」により除外します。「フェイス結合」の後に、「トレランスチェック」により不具合エッジを検出し、「ヒーリング」 や「ステッチング」 で位相情報を修復することが可能です。設計CADで「フェイス結合」を実行すると簡単に成功するケースが少ないようです。なぜ失敗するかと言いますと、エッジ間の処理にはCADシステムのトレランス内になくては、「フェイス結合」はできません。この「フェイス結合」は、設計業務とは違い無駄な時間を費やします。「3D Evolution」では、トレランス外のエッジを「ヒーリング」 または「ステッチング」 で修正して「フェイス結合」を簡単に成功させます。「フェイス結合」が完了した3Dデータは、「3Dデータの変換」により任意のフォーマットに保存可能です。この「3Dデータの変換」は、ISOの「3Dデータの長期保存」の実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準の「3Dデータの変換」ソフトウェアです。「3D Evolution」による「フェイス結合」は、「バッチ処理」に対応しています。

フェイス結合

◆ 「フェイス結合」の特徴

世界標準:サーフェイスの確実な結合、エラーはヒーリングで修正


◆ 「フェイス結合」の動画

「フェイス結合」の特徴は、まずフェイスのエッジに隣接情報をトレランス以上の誤差があっても接合情報を与えます。次にフェイス結合後の誤差エッジを修正し「フェイス結合」を完成させます。下図で緑色のエッジは、フリーエッジのため隣接関係を持っていません。「フェイス結合」を実施しますと隣接関係を持ちます。CATIA V5のジョインと同じ機能ですが、ジョインの場合は接合条件として最大0.1mm以内の誤差であることが必要です。その条件ですと0.1mm以内の幅を持つフェイスがあるとエラーになります。実際、そのようなケースでエラーが発生します。そのエラーを事前に調査するのが「PDQチェック(ISO 10303-59)」です。「3D Evolution」は、「PDQ適正化」により「PDQチェック(ISO:10303-59)」で問題が発生したフェイスを除去し接合することが簡単に行われます。インダストリー4.0では、この「PDQ適正化」で修正された3Dデータを流通していますので、後工程でエラーを抑えることが可能です。そのことにより3Dデータの信頼性が向上し3D図面運用が実現し工数を半減化することに成功しています。

フェイス結合

◆ 「フェイス結合」のプロセス

「フェイス結合」のプロセスは、3Dデータをバイナリー解析技術で読取り、読みとった3Dデータを接合します。接合時にエラーが発生したエッジを「ヒーリング」や「ステッチング」で修正します。修正が完了しましたら任意のフォーマットに変換し保存します。

フェイス結合

◆ 「フェイス結合」の対象データを選択

インプットデータ 拡張子
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpz
*.stpxz

◆ 「3Dデータの標準化」の関連機能

「3Dデータの標準化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読み取られた3Dデータに対して「3Dデータのフェイスの結合」・「PDQ適正化」・「ヒーリング」・「ステッチング」・「アセンブル適正化」により「3Dデータの標準化」を実行します。「3Dデータの標準化」の目的は、3Dデータの計算精度の基準を設け変換エラーを回避することです。現在、人類が持てる最高のテクノロジーをご提供いたします。この「3Dデータの標準化」は、3D図面を行う上で基本となります。