CADデータ長期保存

CADデータ長期保存

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ長期保存

CADデータ長期保存について

◆ 概要

設計データの長期保存方法は、国際標準化機構(ISO)や航空宇宙団体(LOTAR)により定義され、EN9300(ヨーロッパ規範)で規定されています。3D図面を運用した場合、流用設計やPL法対策として数十年以上、設計CADデータを保管する必要性があります。具体的な保管期間は、自動車産業界では約20年程度、航空宇宙産業界では約50年程度とされています。国際的に認められているCADデータの長期保管フォーマットは、STEP AP242です。STEP AP242は、AP203とAP214をマージし、さらにPMI、表示データ、同一性チェック情報を付加した3D図面や長期保存に対応するフォーマットです。STEP AP242にはCADデータとの同一性チェック機能があります。この同一性チェックは、マスプロパティ情報でCADデータとSTEP AP242を比較します。比較には、世界標準として統一されたマスプロパティ計算、アルゴリズムで比較検証を行います。CADデータを読み込む技術は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリーを用いています。バイナリー解析技術は、使用メモリーを抑制し処理スピードを向上させます。このCADデータ長期保存は、3Dバッチ処理に対応しています。


◆ 「CADデータ長期保存」の特徴

✔ 世界で唯一、国際標準化機構のCADデータ長期保存を提供


◆ 「CADデータ長期保存」の関連機能

国際標準化機構(ISO)は、CADデータの長期保存をSTEP AP242で行うことを決めています。STEP AP242の開発には大変手間が掛かりました。まず3Dデータの品質の定義です。所謂PDQですが、長年運用実績や定義内容に問題がないことからドイツ指導者工業会(VDA)のPDQを採用しています。但し各ソフトメーカのPDQチェックでは、検証結果に違いがあることからプログラム言語でPDQチェックを定義し3D Evolutionrで運用しています。次に変換データの変換保証の問題があります。3Dデータを測定するには、マスプロパティ計算が必要ですが、アルゴリズムが各社違うため比較チェックができません。従ってISOは、マスプロパティ計算方法を提示してCADに埋め込ませる方法をとりました。このアルゴリズムを埋め込んだのが、CATIA V5、3D Evolutionです。従って現在、長期保存が可能なのは、CATIA V5と3D Evolutionとなります。航空産業を束ねているLOTARは、長期保存のチェックをダブルカーネルを採用しています。CATIA V5で変換したものを3D Evolutionで検証する、または3D Evolutionで変換したSTEP AP242をCATIA V5で検証します。PDQチェックのことを考えると後者が正解です。