サーフェス合成

サーフェス合成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

サーフェス合成

サーフェス合成について

◆ 概要

サーフェス合成は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、指定したトレランス内で複数のフェイスを合成します。サーフェス合成の目的は、解析時間を短縮するため余分なノード点を減らすことにあります。一般的には指定したフェイスを合成して簡略化を行いますが自動サーフェス合成も可能です。サーフェス合成された形状は、「3Dデータ変換」により任意のフォーマットへ保存が可能です。


◆ 「サーフェス合成」の特徴

✔ FEMモデル作成支援でノード点を削減するサーフェス合成


◆ 「サーフェス合成」のインプット情報

「3D Evolution」によるサーフェス合成のインプット・リストです。サーフェス合成対象要素は、B-Repデータです。このサーフェス合成は、複数のサーフェスをファイスの個数を減らした近似サーフェスを作成します。作成された近似サーフェスh、「3Dデータ変換」により任意の3Dデータとして保存が可能です。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ