サーフェイス合成

サーフェイス合成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

サーフェイス合成

「サーフェイス合成」について

◆ 概要

「サーフェイス合成」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、指定したトレランス内で複数のフェイスを合成します。 「サーフェイス合成」の目的は、解析時間を短縮するため余分なノード点を減らすことにあります。一般的には指定したフェイスを合成して簡略化を行いますが自動 「サーフェイス合成」も可能です。 「サーフェイス合成」された形状は、「3Dデータの変換」により任意のフォーマットへ保存が可能です。

サーフェイス合成

◆ 「サーフェイス合成」の特徴

世界標準:複数の曲面を1枚の曲面に合成しFEMモデル作成


◆ 「サーフェイス合成」の対象データ

インプットデータ 拡張子
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ

◆ 「サーフェイス合成」の動画

「サーフェイス合成」で複数面を1面化しています。この計算は、近似的に面を計算して1面化していますので1面化できない場合もあります。この「サーフェイス合成」は、解析時のノード点を減らす効果があります。

サーフェイス合成

◆ 「3Dデータの簡略化」の関連機能

「3Dデータの簡略化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、FEM用に形状を簡略化します。「3Dデータの簡略化」には、「3Dデータのフィーチャ除去」、「サーフェイス合成」、「中立面」があります。「3Dデータのフィーチャ除去」は、フィレットR、穴、C面や認識可能なフィーチャーを除去し形状の簡略化を行います。「サーフェイス合成」は、複数面を簡易的に合成しノード点数を削減します。「中立面作成」は、対向面から中立面の作成の計算を行います。これら「3Dデータの簡略化」の操作は、形状を破壊しながら簡略化を行うため、「3Dデータの標準化」の形状修正機能である「ヒーリング」 や「ステッチング」 操作が必要となります。簡略化された3Dデータは「3Dデータの変換」により任意のフォーマットに変換し保存します。