Inventorデータのフェイス合成

Inventorデータのフェイス合成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Inventorデータのフェイス合成

Inventorデータのフェイス合成について

◆ 概要

Inventorデータ(拡張子 *.iam、*.ipt)の「フェイス合成」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、ダイレクトにInventorデータを読込み、指定したトレランス内で複数のフェイスに対して「フェイス合成」を行います。Inventorデータの「フェイス合成」の目的は、解析時間を短縮するため余分なノード点を減らすことにあります。一般的には指定したフェイスを合成して「フェイス合成」を行いますが、自動的なInventorデータ「フェイス合成」も可能です。Inventorデータの「フェイス合成」された形状は、「3Dデータの変換」の「Inventorデータ変換」により任意のフォーマットへ保存が可能です。

Inventorデータのフェイス合成