Creoデータのシュリンクラップ

Creoデータのシュリンクラップ

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

Creoデータのシュリンクラップ

Creoデータのシュリンクラップについて

◆ 概要

シュリンクラップは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量Creoデータ(拡張子 *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr、*.neu)を高速かつ正確に読取ります。シュリンクラップの処理イメージは、読み取られたCreoデータをビニール袋にいれて、エアーを抜き取った時にできるビニールの外観形状を計算します。シュリンクラップは、この作成されたビニール形状に接触するフェイスやソリッドを抽出することでCreoデータの外形化も可能です。シュリンクラップは、Creoデータ変換によりB-RepのみならずSTLデータ等のファセット形状に出力が可能です。