3Dデータ外形化

3Dデータ外形化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ外形化

3Dデータ外形化について

◆ 概要

「3Dデータ外形化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を読込み、3Dデータの外形化を実行します。バイナリー解析技術を使用するのは、設計CADを変更してもCADメーカに依存せず製造工程に影響を与えないためです。この3Dデータ外形化を高速に実行することが、3D図面時代を勝ち抜く鍵となります。製造工程を検討する場合に細かい部品の情報は必要なく、外観形状が必要な場合が多くあります。現在は、形状の外観化を手動で行い、設計変更があると再度外観化を繰り返すことがあります。手動処理には数日間を要しますが、3D Evolutionは自動で処理することが可能となります。この「3Dデータ外形化」は、協調設計用データ、ロボットシミュレーション用データ、梱包設計用データを1クリックで作成し製造プロセス全体の工数を大幅に短縮します。特に梱包設計は、設計情報の出図が完了したタイミングで梱包設計が開始できます。この「3Dデータ外形化」は、インダストリー4.0の重要な機能です。「3Dデータ外形化」は、「3Dバッチ処理」に対応しています。この「3Dデータ変換」は、ISOの「CADデータ長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準のソフトウェアです。


◆ 「3Dデータ外形化」の特徴

✔ 3Dデータを活用しやすく、瞬間に外形化


■ 「3Dデータ外形化」のビデオ

ビデオの「3Dデータ外形化」処理は、アセンブリファイルを読込み、外観のアセンブリパーツの穴を塞ぎ内部にあるパーツを除去しています。残ったパーツのフィーチャーも除去し外観形状しています。この3Dデータを任意のフォーマットで保存し、ロボットシミュレーション、干渉チェック、梱包設計、協調設計に使用できます。この処理は、「3Dバッチ処理」に対応していますのでPDMにチェックインしたタイミングなどで自動処理が可能です。



◆ 「3Dデータ外形化」のインプット情報

「3Dデータ外形化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込み、外観パーツの穴埋めを行い内部パーツを除去します。「3Dデータ外形化」は、「3Dバッチ処理」に対応しています。この「3Dデータ変換」は、ISOの「CADデータ長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準のソフトウェアです。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ