PDQ適正化

PDQ適正化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

PDQ適正化

「PDQ適正化」について

◆ 概要

「PDQ適正化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。このバイナリー解析技術は、CAMやCAEソフトウェアに供給され、ISOの「3Dデータの長期保存」で利用されている極めて信頼性の高い技術です。「PDQ適正化」は、読み取られた3Dデータに対して「PDQチェック(ISO10303-59)」を行い、「PDQチェック(ISO 10303-59)」によりエラーが確認されたPDQ項目を自動的修正し、製品データ品質を適正化します。PDQ項目と値は、ISOのPDQ-Sで定義されています。この「PDQ適正化」の特徴は、変換処理を行わず、3Dデータをそのままの状態で読込み、「PDQチェック(ISO10303-59)」と「PDQ適正化」が可能なことです。「PDQ適正化」で修正された3Dデータは、「3Dデータの変換」にて任意のフォーマットに保存可能です。LOTARの「3Dデータの長期保存」やVDAの「3D図面の変換」も変換前に、この「PDQ適正化」を実行します。ISOは、「PDQチェック(ISO 10303-59)」を機械語で定義していますが、「3D Evolution」や「3D Analyzer」の実績の多い「PDQチェック(ISO 10303-59)」アルゴリズムをISOが機械語で公開しています。検査結果がシステム毎に違わないようにした結果です。「PDQ適正化」は、「バッチ処理」に対応しています。

PDQ適正化

◆ 「PDQ適正化」の特徴

国際規準:国際標準化機構(ISO)のPDQ-Sを利用した品質適正化


◆ 「PDQ適正化」の動画

下図では、「PDQチェック(ISO:10303-59)」により検出された微小面を、「PDQ適正化」により削除しています。CADシステムの形状維持方法は、2通りあります。1つは、作成履歴により形状が成り立っている場合、もう一つは、位相トレランスにより形状が成り立っている場合です。前者の場合に微小面が発生します。後者の方法は、履歴がない場合の形状成立で3D図面など、「3Dデータの変換」で用いられる方法で、位相トレランスより微小面(幅)はエラーとなります。「PDQチェック(ISO 10303-59)」は、指定された幅より狭い面を除去します。除去された部分は、「ヒーリング」 で穴を修正します。

PDQ適正化

◆ 「PDQ適正化」のプロセス

「PDQ適正化」のプロセスは、3Dデータをバイナリー解析技術で読取り、読みとった3DデータをPDQ-Sで検査します。検査結果をPDQ適正化で修正します。PDQ適正化で修正できないエラーを「ヒーリング」や「ステッチング」で修正します。修正が完了しましたら任意のフォーマットに変換し保存します。

PDQ適正化

「PDQプロファイル」の確認


◆ 「PDQ適正化」の対象データを選択

インプットデータ 拡張子
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ

◆ 「3Dデータの標準化」の関連機能

「3Dデータの標準化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読み取られた3Dデータに対して「3Dデータのフェイスの結合」・「PDQ適正化」・「ヒーリング」・「ステッチング」・「アセンブル適正化」により「3Dデータの標準化」を実行します。「3Dデータの標準化」の目的は、3Dデータの計算精度の基準を設け変換エラーを回避することです。現在、人類が持てる最高のテクノロジーをご提供いたします。この「3Dデータの標準化」は、3D図面を行う上で基本となります。