簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリングについて

◆ 概要

簡易リバースエンジニアリングは、3Dデータのファセット情報や表示情報をB-Repに変換する場合は、ファセット情報や表示情報をファセット構造の多面体として平面フェイスの集合体、ソリッド化、サーフェス化、VRデータ化します。3D Evolutionには、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により大容量CADデータのファセット情報や表示情報を取り込み、B-Repに変換することや簡単な梱包形状を1クリックで作成する機能があります。ファセット情報や表示情報を変換する前に軽量化を行いたい時は、指定した誤差内により、世界で唯一のアウタートレランス形状を計算します。またファセット形状や表示形状をglTFデータに変換することにより、製造行程などののVRに利用できます。glTFは、表示情報のアセンブル形式で変換時間は殆ど掛かりません。非接触の測定器が発達した状況においてSTLデータの取り扱いは重要です。例えば文化財を測定したあとに文化財を収める梱包空間を簡単に計算することができます。


◆ 「簡易リバースエンジニアリング」の特徴

✔ 3Dデータの有効活用で工場のVR化・医療系・物流で活躍


◆ 「簡易リバースエンジニアリング」のビデオ

STLなどファセットデータやCGRなど表示データの簡易リバース変換は、ファセットデータの頂点を特殊な技術で軽量化を行い三角平面として変換します。この変換方法は、数秒で変換できますので近似サーフェス変換を行うリバースエンジニアリングより効率的で正確です。この方法は、医療や玩具、設備検討など様々な業種で使用されています。例えば工場のレイアウトを検討する場合、CTスキャンされたSTLデータを間引いてCADシステムに取り込んだり、輸送したいものをスキャンして梱包設計を行ったり、金型をスキャンして設計データと比較したりします。



◆ 「簡易リバースエンジニアリング」のインプット情報

簡易リバースエンジニアリングのインプット情報です。詳細は、3Dデータ変換でご確認ください。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
AMFデータ *.amf
CATIA V5データ *.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
DGNデータ *.dgn
DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
IFCデータ *.ifc
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
RobCADデータ *.rf
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db