簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリングについて

◆ 概要

「簡易リバースエンジニアリング」は、3Dデータのファセット情報や表示情報を多面体としてB-Repに変換します。「3D Evolution」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により大容量ファセット情報や表示情報を取り込み、B-Repに高速に変換します。「簡易リバースエンジニアリング」の主な用途としてファセット情報を包み込む形状を簡単なB-Rep形状で作成し梱包設計に使用されています。自動車エンジンや美術品の正確な梱包形状を瞬間に作り上げることが可能です。VDAのインダストリー4.0では設計から物流まで3Dデータで統一してコストダウンを実現しています。日本では、歯科医療で歯のモデルを作成するのに使用されています。またトラック一台分のCGRデータをSolidWorksにリバースエンジニアリングした実績があります。大きなファセットデータは、読みこんだ後に点要素を間引くことができます。一般敵に点要素を間引くと形状が小さくなりますが、アウタートレランス計算を採用していますので元データより形状が小さくなることはりません。この「簡易リバースエンジニアリング」は、「3Dデータ変換」で行います。

簡易リバースエンジニアリング

◆ 「簡易リバースエンジニアリング」の特徴

✔ 大容量ファセットデータを瞬間にCADデータ化


◆ 「簡易リバースエンジニアリング」のビデオ

STLなどファセットデータやCGRなど表示データの「簡易リバースエンジニアリング」は、ファセットデータの頂点を特殊な技術で軽量化を行い三角平面として変換します。この変換方法は、数秒で変換できますので近似サーフェス変換を行うリバースエンジニアリングより効率的で正確です。この方法は、医療や玩具、設備検討など様々な業種で使用されています。例えば工場のレイアウトを検討する場合、CTスキャンされたSTLデータを間引いてCADシステムに取り込んだり、輸送したいものをスキャンして梱包設計を行ったり、金型をスキャンして設計データと比較したりします。



◆ STLデータのインプット情報

Direct Interface(型番3054)
インターフェイス情報 入力情報
多面体 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.stl
Ver

◆ STLデータのアウトプット概要

アウトプットフォーマット 拡張子
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
Creoデータ *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
*.neu
DGNデータ *.dgn
DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.igs
*.iges
Inventorデータ *.sat
*.sab
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
Rhinocerosデータ *.3dm
Solid Edgeデータ *.jt
SolidWorksデータ *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
STEPデータ *.stp
*.stpx
*.step
*.stpZ