リバース変換

リバース変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

リバース変換

リバース変換について

◆ 概要

「リバース変換」は、3Dデータのテセレーション情報や表示情報を多面体としてB-Repに変換します。「リバース変換」の主な用途として、読込まれたテセレーション情報を包み込む形状を簡単なB-Rep形状で作成し梱包設計に使用されています。自動車エンジンや美術品の正確な梱包形状を瞬間に作り上げることが可能です。VDAのインダストリー4.0では設計から物流まで3Dデータで統一してコストダウンを実現しています。日本では、歯科医療で歯のモデルを作成するのに使用されています。またトラック一台分のCGRデータをSolidWorksに「リバース変換」した実績があります。大きなテセレーションデータは、読みこんだ後に点要素を間引くことができます。一般敵に点要素を間引くと形状が小さくなりますが、アウタートレランス計算を採用していますので元データより形状が小さくなることはりません。この「リバース変換」は、「3Dデータの変換」で行います。

リバース変換

◆ 特徴

世界標準:リバース変換によりCADでSTLデータを再利用

世界標準:世界初のアウタートレランスで近似形状と軽量化


◆ CADインターフェイスの選択、コチラをクリックしてください。


◆ 動画

STLなどテセレーションデータやCGRなど表示データの「リバース変換」は、テセレーションデータの頂点を特殊な技術で軽量化を行い三角平面として変換します。この変換方法は、数秒で変換できますので近似サーフェイス変換を行うリバースエンジニアリングより効率的で正確です。この方法は、医療や玩具、設備検討など様々な業種で使用されています。例えば工場のレイアウトを検討する場合、CTスキャンされたSTLデータを間引いてCADシステムに取り込んだり、輸送したいものをスキャンして梱包設計を行ったり、金型をスキャンして設計データと比較したりします。

リバース変換