ステッチング

ステッチング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ステッチング

ステッチングについて

◆ 概要

「ステッチング」 は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、ダイレクトに大容量3Dデータを読込みます。読み込まれた3Dデータに対し、設定されたトレランス内でフェイスを最適化しエッジ誤差をトレランス内に収めます。「ステッチング」 は、円筒面、平面などのプリミティブ情報を維持しながらサーフェイスを最適化します。修正された3Dデータは、「3Dデータ変換」により任意のフォーマットへ保存可能です。「ステッチング」 は、「バッチ処理」に対応しています。


◆ 特徴

- AI技術を利用した最適解でトポロジーを綺麗に修正

- ヒーリングで修正できないエッジ誤差を修正

- プリミティブ情報保持のためアセンブル拘束が可能


◆ ステッチングの有用性

「ステッチング」では、サーフェイスのプリミティブ変更は行ないません。3D図面のトレランスは、0.02mmに修正されます。この特殊な技術は、Advanced Repair Technology(ART)と呼ばれており、ロッキードマーチン社のF35の多国籍、マルチCAD設計環境の変換・修正エンジンとして使用が義務づけられています。修正された3Dデータは、フェイスが乗っている元面のプリミティブ変更がないためアセンブリ等の拘束が可能です。


◆ 自動ステッチングのタイミング

自動「ステッチング」は、自動「ヒーリング」と同じタイミングで実施します。基本的に元面を維持していたのでは、交線が求まらず「ヒーリング」が出来ない場合に「ステッチング」で面の調整を行います。


◆ ステッチのイメージ

「ステッチング」 の特徴は、トリムエッジが指定されたトレランス内で構成されない場合にサーフェイスを変形し合わせます。サーフェイスを変形した場合に円筒面や平面等の属性情報を維持したまま変形します。従って3Dデータを修正後にアセンブリ拘束が作成できないようなことは発生しません。「ヒーリング」と「ステッチング」は、世界最高峰の3Dデータ修正技術です。下図では、フェイスの繋がりはありますが、指定されたトレランス以上の誤差で繋がっています。この場合は、変換時にソリッド化やサーフェイス化が出来ませんので誤差を修正します。国際標準化機構(ISO)は、技術の素晴らしさを認め、さらに「PDQ適正化」の完成度も認め、CADデータ長期保存で「3D Evolution」を採用しています。


◆ ステッチの手動操作

まず最初に「トレランスチェック」で誤差のあるエッジを表示します。次にエッジの位置が分かりやすいように問題のないフェイスを非表示にします。修正操作は、修正したいフェイスを一面選択して基準となるフェイスを選択して修正します。時間的に500エッジ(自動車のエンジンブロック)の修正は、30分程度で完了します。



◆ CADインターフェイスの確認は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータ変換は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータの修正は、コチラをクリックしてください。


◆ バイナリー解析は、コチラをクリックしてください。