3D図面のJIS化

3D図面のJIS化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面のJIS化

3D図面のJIS化について

◆ 3D図面のJIS化

2D図面の場合は、流通範囲が限定されますのでJIS化は有効です。3D図面の場合はグローバル展開を想定しています。従ってJIS化はグローバル化の障害となります。国際標準化機構(ISO)は、アセンブル情報を含む3DモデルとPMI情報の定義を行いましたが、図面に関しては定義していません。JIS化の可能性は簡易図面に可能性は残っていますが、すでに図面のJIS化は完了しています。従って3D図面のJIS化は検討する意味がないと思われます。文字は、平面上に配置されていると効果があります。3D図面のPMIは、複数の平面に情報が記載され3D形状が、見えづらくなりフィルターリングをすると重要な情報を見落とす可能性があります。従って3Dz面は、3Dデータ+簡易図面で運用することをお勧めします。現状との変更点は3Dデータを正とすることです。

3Dモデル PMI 簡易図面
3Dモデル+簡易図面 ✔(JIS化)
3DAモデル(3D単独図)
3DAモデル+簡易図面 ✔(JIS化)