3Dデータ比較

3Dデータ比較

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ比較

3Dデータ比較について

◆ 概要

「3Dデータ比較」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3D図面データを高速かつ正確に読込み、パーツ単位の形状比較、パーツ形状は同じでも位置が変更された場合のレイアウト比較、3D図面のPMI比較、CADフィーチャーのパラメータ情報の比較を実行します。この「3Dデータ比較」は、マルチ3Dフォーマットに対応しています。3Dデータ比較の目的は、設計変更部位の確認、3D図面データの変換前後における差分検証を行います。従って3D図面データの運用を実現するには、この3Dデータ比較が無くては始まりません。比較結果は、グラデーション表示され、ピック点での変位数値が表示されます。比較の表示情報は、3D PDF、JT、CTに保存することで共有化が図れます。この「3Dデータ比較」は、3D図面に対応しています。

3Dデータ比較

◆ 「3Dデータ比較」の特徴

✔ 3D図面データ変換保証・設変確認で3D図面の安全確保


◆ 「3Dータ比較」のビデオ

下図は、3Dデータ比較でアセンブリ情報の個々のパーツに対して形状比較を行っています。アセンブリ情報に対しての「3Dデータ比較」は、レイアウト比較、パーツの形状比較の2種類の比較ができます。2種類の比較検証を行う理由は、後工程の部品加工者は、担当形状の差分把握が必要です。またアセンブリ作業者は、アセンブリの位置情報の差分把握が必要です。「3Dデータ比較」は、3Dデータ流通時の工数を削減するように機能が構成されています。約30部品の形状比較を行っています。実際には4分程の時間が掛かりますが、ビデオ編集により短くしてあります。計算後に変化が無い部品は、半透明表示にしてます。この形状比較はレイアウト変更のチェックはしていません。「3Dデータ比較」は、部品がどこに存在しようとも見つけ出し形状比較を行っています。



◆ 「3Dデータ比較」のインプット情報

「3Dデータ比較」は、様々な3Dデータを比較できます。B-Repやファセット、表示データの比較ができます。この「3Dデータ比較」は、3Dデータの設変や変換失敗を調査するのに使用します。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
DGNデータ *.dgn
DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asm
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db