3D図面の3Dデータ検証

3D図面の3Dデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の3Dデータ検証

3D図面の3Dデータ検証について

◆ 概要

欧州で成功している3D図面の検証を紹介します。2次元図面を廃止してペーパレス化を行うためには、強力なマルチ3D ビューワが必要不可欠です。このマルチ3D ビューワは、国際標準化機構(ISO)などで評判の高いバイナリー解析技術で開発されている必要があります。つまり単独 ビューワにより、3Dデータを完全に読むことで永続的に独立する必要性があります。そのマルチ3D ビューワには、3Dデータの品質を検証したり生技要件を検証する機能が必要です。例えば、3Dデータの品質を検証するPDQチェック機能や3Dデータの変化を比較する3Dデータ比較機能は絶対に無くては仕事が進みません。PDQチェックは、3Dデータを変換するときに問題となる要素を検査します。3D図面を受け取り、自社で加工するため様々なソフトウェアに3D図面を変換して渡す必要があります。3Dデータ比較機能は、3D図面に設変があった場合に場所を確実に把握する必要があります。また3D図面を受け取り、自社で加工するため様々なソフトウェアに3D図面を変換して渡す場合に変換前と変換後の3Dデータを比較して確実に変換されていることを検証する必要があります。現在、そのような状況下で運用されているのが3D Analyzerです。この3D Analyzerは、大容量のマルチ3Dデータを軽々と扱い、様々な検証を実行するマルチ3D ビューワです。32GBのメモリーを積んだノートPCで自動車1台分の3Dデータを読み込むことができます。3D図面の決める要素としてフォーマットと3D ビューワは重要な要素です。


◆ 「3Dデータ検証」の特徴

✔ 3Dデータの品質・生技性・安全性を1クリック検証


◆ 「3Dデータ検証」の関連機能