アンダーカットチェック

アンダーカットチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アンダーカットチェック

アンダーカットチェックについて

◆ 概要

3D図面のアンダーカットチェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3D図面データを高速、高精度に読み込みます。読み込まれた3Dデータに対して指定した抜き方向では、成型できない部分を検出します。成型できない部分は、型構造を検討する必要があります。また設計のミスで意図しない場所に発生した中空形状を検出することが可能です。最近は、hyperMILLの積層加工が登場しています。従来は、外観形状に対して金型加工や5軸を駆使した部品加工を考慮すれば良かったのですが、金属積層と5軸加工の組合せにより、中空部品もそのまま加工出来る様になりました。空洞部分もしっかり加工できるようになり、エンジンもそのまま加工が可能です。エンジンは、空洞も水冷を行う水が流れる重要な形状です。また部品の軽量化を行う場合に空洞も設計仕様として必要になります。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、「3D Analyzer」は、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。このアンダーカットチェックは、目に見えないところを検出しますので3D図面データ活用に重要です。


◆「アンダーカットチェック」の特徴

✔ マルチ3Dデータの空洞検査により製品品質を検証


◆「アンダーカットチェック」のビデオ

アンダーカットチェックは、指定された軸方向に形状が抜けるかどうかを計算します。下図の例では、穴形状があり金型を工夫しないとならない状態が見つかりました。3D図面データのやり取りでは、十分に3Dデータを検査しないと大きなミスに繋がります。



◆ 「アンダーカットチェック」のインプット情報

3Dプリンターが発達した現在、アンダーカットチェックは重要な機能です。金型の場合は、外観形状の把握、3Dプリンターの場合は空洞形状の把握が必要となります。アンダーカットチェックは、下記フォーマットリストのB-Rep、ファセット、表示データで計算可能です。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl