3D図面のビューワ

3D図面のビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面のビューワ

「3D図面のビューワ」について

◆ 概要

「3D図面のビューワ」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3D図面(インプット情報)を高速かつ正確に読込み表示、計測、検証が可能です。読み取る情報は、アセンブリ、形状(B-Rep)、PMI、CADフィーチャー情報です。PMI情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、JT、STEP AP242、3DEXPERIENCEです。CADフィーチャー情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、Proe、SolidWorksです。この3D図面の3D のビューワは、製造業に必要な様々検証を実行できます。例えば3D図面比較は、3D図面が設計変更された場合、新旧データを形状比較することで設計変更部位が明確になり工数削減に繋がります。「3D Analyzer」は、 航空宇宙産業や自動車産業の3D図面環境で運用されている信頼性の高い3D図面のビューワです。最大の特徴は、バイナリー解析によるCADインターフェイスの永続性と処理スピードです。

3D図面のビューワ

◆ 「3D図面のビューワ」の特徴

世界標準:バイナリー解析で大容量マルチ3D図面の高速検証

世界標準:アセンブルがXMLデータである3D図面の読取りが可能

世界標準:3D図面のPMI表示・PMI情報のリンク確認が可能

国際規準:3D図面をPDQ-S(ISO:10303-59)で品質検証

国際規準:STEP AP242の同一性検証(ISO:10303-62)が可能


◆ 「3D図面のビューワ」のビデオ

3D図面は、3Dデータの活用を意味します。その時に3D図面を手軽に扱う必要があります。例えば頂いた3Dデータの寸法を測定したり、設変された場所をどこなのか?3D図面の品質は問題ないか?などです。3D図面は、2つの標準があり1つはフォーマット、もう1つはトレランスです。ドイツ自動車工業会(VDA)は、フォーマットは、JTフォーマット、トレランスは0.02mmと決まっています。トレランスは、PDQチェックで調べますが、アルゴリズムも決まっていて国際標準化機構(ISO)から長期保存運用をするため提供されています。これで3D図面を流通する準備が整ったわけです。あとは各社で3D図面を受け取り、設変チェック、PDQチェックを行ったあとは、自社のシステムへ3Dデータを変換する必要があります。その時にも3Dデータの比較で変換元データと変換先データの比較を行う必要があります。変換ソフトは、欧州の3D図面は、ISOの信頼性が高い3D Evolutionを使用しています。「3D Analyzer」で様々な3Dデータを検証をノンCADユーザでも対応可能にするため1クリックで検証を行い表示することができます。また検証結果は3D PDFに保存することで共有化がはかれます。この「3D Analyzer」は、ISOかあも高い評価を受けているバイナリー解析技術で行っています。このバイナリー解析技術のお陰により、航空宇宙団体(LOTAR)は、CADデータの長期保存年数を55年に設定しています。またバイナリー解析技術を使用することでCATIA V4、I-Deas、CADDSなどのレガシーデータを直接読み取ることが可能です。

3D図面のビューワ