3D図面の干渉チェック

3D図面の干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の干渉チェック

「3D図面の干渉チェック」について

◆ 概要

「3D図面の干渉チェック」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3D図面を高速かつ正確に読取り、接触部分を除外した「3D図面の干渉チェック」を実行します。欧州の自動車産業、航空産業が3D図面成功を成しえたのは、接触を除外した3D図面の「3D図面の干渉チェック」ができたからと考えられます。現状の3次元CADでは、トレランスなどにより、接触を除外した3D図面の干渉チェックの計算はできません。「3D図面の干渉チェック」で標準トレランス分だけ「オフセット」で形状を小さくして「3D図面の干渉チェック」を行います。そうすることで接触を除外した「3D図面の干渉チェック」が可能となります。干渉バッチ専門の「DMUインスペクター」は、設計変更が発生している3Dデータを見つけてテッセレーションデータに自動変換し、自動的に「3D図面の干渉チェック」を行います。必ず発生する3D図面の干渉チェック部品、例えばネジ、パッキンなどの部品は、最初に3D図面の干渉チェックでエラーになった時点で計算から除外指定を行います。自動車一台分の「3D図面の干渉チェック」は、4ライセンスの並列処理で8時間程度、2回目移行は30分程度で「3D図面の干渉チェック」が完了します。干渉が0になると3D図面の出力が可能となります。あるタイミングから日々3D図面の干渉チェックを行うことで進捗管理が行え、安全な3D図面を出力することが可能となります。3D図面は、3D正となりますので、この「バッチ処理」による「3D図面の干渉チェック」は非常に重要です。

3D図面の干渉チェック

◆ 「3D図面の干渉チェック」の 特徴

世界標準:大容量3Dデータの接触を除外した干渉チェック


◆ 「3D図面の干渉チェック」のビデオ

下図は、CATIA V5で作成された発電機のアセンブリデータです。3D図面の「3D図面の干渉チェック」は1クリックで計算し結果を赤い干渉ラインで表示します。赤い干渉ラインを選択して2つの干渉形状を表示させることが可能です。

3D図面の干渉チェック