3D図面の効果

3D図面の効果

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の効果

「3D図面の効果」について

◆ 概要

紙図面工程から3D図面工程へ製造業のプロセスが移行した場合、様々な工数削減効果や品質向上効果があります。単純に仕事内容の伝達スピードが大幅に向上します。ガラケーからスマホに変わるくらいにインパクトがあります。工数削減効果としては3D正として干渉チェックの完全完了による手戻り工数の激減、3D図面の保護化、軽量化や外形化による協調設計のスピードアップ、ロボットシミュレーションのスピードアップ、梱包設計のフロントローディングがあります。また3D図面の運用によりCADシステム移行によるインパクトの縮小化、BOMの自動生成、設計データの長期保管とPL法対策、設計データの3Dデジタル化によるIoT推進などです。この「3D図面の効果」を最大限に利用し、インダストリー4.0を推進しているのがダイムラー社です。3D図面の適用でダイムラー社は、設計・製造工数を半減させ、余った工数により電気自動車や全自動運転車の開発を行っています。「3D図面の効果」を出すためには、「3D図面の標準化」が重要となります。3D図面は単純に3Dデータですので、どのプロセスでも3Dデータの変換が問題なくできなくてはなりません。「3D図面の標準化」は、3Dデータのトレランスを0.02mmに設定し、微小面、重複面、捩じれ面を除去した3Dデータ構成となります。実際にこれらの作業は、3D Evolutionしかできません。もともとヨーロッパでの「3D Evolution」の普及率は粗100%でのすので「3D図面の標準化」には問題がなく、国際標準化機構(ISO)の3D EvolutionのPDQチェックのプログラムをPDQ-Sの規格として公表し航空宇宙団体(LOTAR)の長期保存を行っています。この長期保存の保存期間は55年とされ、長期保存を行わなければ型式認証が取得できません。

3D図面の効果